こづれづれ日記

謙虚な高い人格者

10分間電話セッションが10分ぴったりに終わることなくメッセージを惜しみなくくださる真由美先生に

少しでもと思い感謝の気持ちを示した時のことです。



先生は私が示したものを金額というところではなく、気持ちというところを深く受けてくださいました。

しかも私からのそれを「ありがとう」とただ受けるのではなく、新たに私へお返しをされようとしました。



先生から私へのお返しというのを具体的に言うと、

「次のセッションのお代は要りません」という驚くべきお言葉でした。



私が先生からいただいたことへ少しばかりのお礼のお返しをしただけなのに、次のセッションのお代は無しとは、、

それでは先生から新たに、私がまたいただくことになりますので

私がそれでは困ります、いただきすぎで苦しいですとお伝えしました。



それを言ったあと先生から返ってきたお言葉は

「私もかるちゃんからはいただきすぎて苦しいです」

という私の予想の上を行ったものでした。



先生が苦しいとおっしゃり、先生に無礼かと思いつつも、

ここは私も必死にとてもお腹がいっぱいで苦しいです

(先生から御心をいただきすぎでこれ以上はいただけませんという例え)とお伝えをして、先生からの御心を丁重にお断りしました。



しかし先生は次の私のお電話セッションの時にまだ忘れずにいてくださり、セッション開始時間の少し前になると

「1分早く電話を掛けてください」

とお声をかけてくださったのでした。



そのお言葉に甘えさせていただき私は1分長くセッションをいただいたのでした。

この1分という中で、私はさらに貴重なメッセージを頂いたのでした。

ところが、その日のセッションでは本来の10分間を上回り、3分長くいただいたので、

結局トータルで14分のお時間をいただいたことになります。

電話を切る頃に先生は

「通常のお代だけでいいですからね。こっちが苦しくなるのでやめてくださいよ!」

とおっしゃったのでした。



ということで、 私は、今回もまた余分にいただいてしまっています。。。





先生はこういうことを事あるごとにされるので、私はブログで言わせていただくしかありません。



『実るほど頭を垂れる稲穂かな』という言葉は人格の高い人ほど謙虚であるという意味であり、真由美先生の事を指す言葉であると思うのです。

今回の出来事でも結局、私が先生からいただいて終わっていて今度はどうお応えしていこうかと考えていましたら、自然とこの言葉が思い出されてきたのです。

真由美先生のように人格が高いのに謙虚な姿勢を貫いている人は、

私が知り得る限りの”凄い”と言われている人たちの中でも見当たらないですし聞いたことも無い、と強く思うのでした。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

家庭教師をしていただいてからの息子の変化

先生のお嬢様から家庭教師をいただいた時、本読みが嫌いでいつも時計を気にしながら
課題の20分間の本読みを していた息子が、笑いながらそして楽しみながら本読みをなんと、1時間近くもしたそうです。
本読みの後、算数と英単語の宿題も見ていただき、 プールまで入らせていただき、プールには先生もご一緒いただいたのです!
さらにはスナックタイムまでいただくなど本読みを教えていただく以外にたくさんのスペシャルなことをいただきました。
クラスを終えて家に戻ってから、 息子の顔そして雰囲気が柔らかくなっていること、 そしてどこかスッキリした表情に気づきました。
ここでさらに驚いたのが、 ひどくなっていた息子のアトピーの症状が治まっていたことです。
先生のご自宅で家庭教師をいただいたことで、 息子の表情だけでなく肌までもスッキリしてしまったのです!
息子は自分の肌がきれいになった理由をプールに入ったからと言い 、そして「マジックプール!」と笑顔で言いました。

さらにもっとスペシャルなことに、 次の日はどんな様子かを見させてもらえる機会をいただきました。
息子はこの日私が居ることが気になったのか、 私が見えない場所で本読みを希望しましたので、 先生のお嬢様が息子を別室に連れて行って下さり、私はそこから聞こえてくる声を聞いていました。
先生のお嬢様の教え方というのは、 学校の詰め込み教育とは違い、子供の興味に沿って話を発展させて語彙を増やすようにして下さっていました。
私は別室に居る間、先生の個人クラスをいただき、 そして子供への接し方なども教えていただきました。

先生のお嬢様から特別に家庭教師をしていただいて以来、 息子はあんなに嫌いだった本読みの課題を決して嫌がらなくなりま した。
楽しそうに本を読み進めていく息子の姿を見て、 こんなにすぐに変わるなんて驚愕ですが、事実です。

お嬢様がして下さった教え方というものは、まさに先生がお嬢様を育てられた結果であると思います。
先生のされてこられたことを垣間見たことで、 質の高い世界をここでも見ることができました。
先生と出会わなければ決して受けることのできなかった質の高い世界を今自分もクラスで受けていることを改めて自覚し、
そして新たに息子が質の高い家庭教師をいただいたことで、自分の中の世界が広がり、新たな希望が湧いてくるのを感じています。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

息子の家庭教師は?

なんと、
息子は先生のお嬢様に家庭教師をしていただきました。

小学校2年生に進級した息子は、学校の宿題が一気に増え、そのうちの一つである『毎日本読み20分』というものがあって
それが特に私を悩ませておりました。
英語を上手に、そしてきれいに喋れない私が教えて本を読むのでは、息子の読み方は私の真似になってしまうのです。
そして息子も私も読めない英単語が出てくるたびに、携帯電話アプリの英語翻訳で調べては音声を聞かせたり意味を説明する、
でも英単語の微妙なニュアンスがわからないことが多々ありました。

このことをお電話セッションの時にご相談いたしました。
すると先生からの思いがけないお言葉をいただいたのです。

「今、娘が日本から任期を終えて戻ってきているので、ウチに連れてきてください。
娘が本読みや宿題を見てくれるそうですから。」


!!!!!!!!

先生から今迄も恐れ多いお言葉をいただいていますが、今回はまた予想もしないことで。。。
   
いただいたそのお言葉がもう本当に畏れ多いことでした。
お嬢様はアメリカの四年制大学を三年でご卒業されました。
だから20歳という年齢で、CIR/国際交流員 (先生のブログの地味な奇跡 "本当はとんでもなくレアだった奇跡" の中で紹介されている)として、日本の地方都市に配属されていたそうです。
その先生のお嬢様が息子の本読みを見てくださるということです。

もう私にも息子にとっても、こんな機会をいただけることはもったいないくらい有り難すぎる、絶対にないと思い、
息子の家庭教師を是非にとお願いしました。


そして家庭教師をしていただいたことで息子に驚愕な変化があったことを、次のブログに書いていきます。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

息子とめくりめく日めくりカレンダー

先生が心を込めてくださっているもの、言い換えれば魔法をかけてくださっているものといい、
すぐに挙げられるのがめくりめく日めくりカレンダーであります。

2カ月以上にわたる長い夏休みが終わり
新学期初日を迎えた今朝、

「ママ!カレンダー!!」

と言い、いつもよりも早い時間に
先生がお作りになられためくりめく日めくりカレンダーを息子自らがめくりました。

息子が早くめくりたくてしょうがないといういつもと明らかに違うこの行動から、
新学期初日を迎え学校に行くことが緊張と不安でいっぱいだったのだと気づきました。
そしてカレンダーを読んで、この緊張や不安を早く消したかったように見えました。

先生のカレンダーをめくり、どんな種類の言葉であっても
毎日 REAL MASTER が語りかけてくださるという事、これが心の拠り所になっているのだということ
息子を見てわかりました。

そして先生が心を込めてつくってくださっているこのカレンダーに
先生の魔法が確実にかかっていることを確信した瞬間を見ました。
それは今朝カレンダーを読んだ後、息子は緊張と不安でたまらない新しいクラスへ行く勇気を得たように
急に元気になったからです。


新学期初日を終え家に帰ってきた息子に、
カレンダーは息子にとってどんなものかと直接聞いてみました。

カレンダーは
自分をどんどん賢くしてくれて、
どんどん高いレベルに上げてくれる
と7歳の新小学2年生になった息子は話しくれました。

正直、こんな言葉を小学2年生になったばかりの我が子が口にする日が来るとは想像もしておりませんでした。
母親として嬉しすぎる瞬間でした。ありがたいことです。
先生のお力のおかげで、私たち二人共が幸せな毎日を送れていることを忘れず
学年が替わった新しい生活を戒めながらまた始めて参ります。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

魔法のフルーツ効果 その後

先生から魔法のフルーツをいただいてから数日が経ちました。
毎日息子の肌をチェックしていますが、今でもきれいな肌のままの状態が続いております。
そして私はと言えば、先生とお会いしてからすぐに強運が舞い込み、エネルギーのおすそ分けをいただけたようです。

それから数日経ったある日、息子に

「肌がきれいなままで本当に良かったね。どうしてだかわかるかな?」

と聞いてみると、すぐに

「フルーツ!まゆみせんせい!」

と幸せそうに言いました。息子はよくわかっています。


前回のブログを投稿した後、とある方から

「魔法のフルーツとは何ですか?」

と聞かれました。
先生からいただいたものとは、木の実でしたがそこにお祈りを込めていただいたので魔法のフルーツになったのでした。

先生が不思議な力を込めてくださるものはどんなものでも、魔法がかかっていることを
私も息子も体験者として知っております。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| こづれづれ日記 | NEXT