こづれづれ日記

ハワイで七五三

私のお腹の中に居た時に先生と繋がれた息子は
おかげ様で今年の春に5歳になりました。
息子が今年誕生日を迎えた頃には
今年は七五三だ!と気づいてはいたのです。
しかし11月も半ばを過ぎたころになって
「あーっ!!今年、七五三だーっ!!」
と慌てた私…。
オ ソ ス ギ ル…。
あっという間に過ぎる日々の中、
完全に忘れてしまっていました。

私の中の七五三というものは、
着物を着て、記念写真を撮って、
神社に行って祈祷していただき、
千歳飴をもらうイメージでした。
しかしよく考えてみますと、
息子が産まれてお宮参りに行ったわけでもないし、
ましてやハワイに住んでから神社にお参りに行ったことも無い私にとって、
七五三だからといっていきなり神社に行って祈祷してもらうというのは
ちょっとオカシイのでは?と思いました。
でも何か七五三の記念写真のようなものは撮っておきたい!と思った私は、
あーでも無いこーでも無いと考えた後、
ピィーんとひらめきました。
それは、今年先生の追っかKで日本に行ったときに、
Iさんが息子への誕生日プレゼントとして作ってくださった服があることを思い出しました(宝箱入れに入れたままでしたので気づくのが遅くなりました。Iさん本当にありがとうございました!)。
それを着て神社ではなく
昔先生がワークショップを開催してくださった公園に行き、
そこで写真撮影を!と決めました。

これは最高だ!!!と思っていた時、
お知らせさんから
なななんと、先生から
「カーソルが動いたところをクリックしたらこのページが開きました」との
メッセージをいただいたのです!
そのハイパーリンクを開くと先生のブログ
昔私が書かせていただた感想文、
そして息子の写真がありました。
あの頃の自分の思いを読み返し、
そして先生のお言葉を改めて拝読し、
涙が溢れて止まりませんでした。

"私たち、本当に幸せ者だ"

心から思ってくれるような親族が誰ひとりとしていない私に、
息子がこの世に誕生した日、
息子の血縁関係の人が来る誰よりも先に、
先生はお忙しい中
私の病室に駆けつけてくださったのでした。
その当時、まだ話しをしたことの無かったおたっきーゆっきーさんも来てくださいました。
先生が息子を抱っこしてくださったとき、
まだあまり自分の置かれている(深刻なひどい)状況や先生の偉大さ、凄さなどわかっていなかった自分でしたが、
ただただ心から嬉しいな、と
なにか暖かいものが湧き上がったのを
今でも昨日のことのように覚えています。
そこから始まった(すでにその前から始まっていましたが)修行のまだ最中です。
まだ私が望む結果が出ていないことについては、それは自分の動きが遅いのが原因です。
長引きくことで、自分自身がそして息子までが痛い思いをしてしまっております。
ですが、すべて先生のおかげ様で
助けをいただき
毎日を過ごしております。
有難い、という言葉ひとつでは決して言い表せない大きさのものを、
私は先生からいただいております。

今改めてブログに掲載していただいた息子の写真を見ると
こんなに畏れ多いことをしていただいたことに気づきました。
産まれた日、そして1歳の誕生日には
対面セッションを偶然にもその日にしてくださったのですが、
息子は先生に抱っこされたのです。
こんな子、他に居ないですよね…。
もう、本当に、畏れ多くて、
こんなにすごいことをしていただいたことを今気づいた自分に
本当に情けないというか、恥ずかしい限りなのですが、
ガクガクブルブルしております。
まだまだだな、とただただ反省です。

私から息子に
「先生があなたを抱っこしてくださったんだよ」
と言って写真を見せると、
息子は一瞬目が点になりながらも
顔が少しニヤっとして嬉しそうでした。
しかしあまりはしゃいで喜ばないところに
息子なりの先生に対する畏れ多い気持ちを見た気がします。
私は息子から先生の偉大さ、恐れ多さを学びました。
私のお腹の中に居た時から先生に繋がれたのですから、目に見えないもの、
息子にはわかっているのですね。


七五三が終わり、もうすぐクリスマス。
こういう季節行事があると、
私は一人なんだ、息子以外に家族や親戚が誰も居ないんだとイヤでも気付いてしまいます。
でも先生のおかげ様で、レインボーのみなさまと横の暖かい繋がりをいただいたおかげ様で、
私は心を学んでいる向上心を持った方々と繋がりが持てていることを
とてもありがたいと思っています。
みなさんとしょっちゅう話すとかお茶をするとか無くていいのです。
みなさんそれぞれが、それぞれの状況で全力を尽くしながら、
先生の元、心を学ぶ。
それを実践し続ける。
先生のところに行かれてからの年数も関係なく、年齢がいくつとかも関係なく、
みなさんと切磋琢磨していくことが大切なことと、これも先生から学びました。
一生勉強です。させていただきます。
私はまだまだ未熟ですし、
まだまだ感謝、戒め、できていないことがたくさんあります。
でもやり続けます。

最高の七五三の写真が撮れて、
私は本当に幸せです。

息子を、そして私を育ててくださっている
先生、そして見えない大きな存在に
改めて感謝申し上げます。

unnamed[1]
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

わからなかったら、聞くこと

このお言葉を
今年に入り
皆さん何度もいただいたことと思います。

「何度も?」
そう思う方がおりましたら、
きっと私自身がものすごく
そのお言葉に響いていたのだと思います。
アマミツバキツアーでも、このお言葉を何度もいただきました
(次回、追っかKリポートで書かせていただきます)。

私はこのお言葉を先生からいただく度に、
「はい。そうさせていただきます。」
と思うと同時に
「そんなにあれこれ聞いてはいけないのでは?」
「そんなに細かいところまで聞いたら、そこまで聞くのかと言われるのでは?」
「いちいち聞いては失礼なのでは?」
という思いがほんの少し、
あったのだと思います。

恥ずかしながら正直に告白しますと、
私自身が、
"わからなかったら、聞くこと"
をできていませんでした。
それどころかわからないことはちゃんと聞けているとさえ思っていたのです。

お電話セッションでチャネリング中の先生からの第一声は、
「聞くのがオ ソ イ。
わからなかったらちゃんと聞きなさいと何度も言っているでしょ」
とお言葉をいただくことが何度あったことでしょう。

完全に時間のロスです。
そのせいで自分がもちろん痛い思いをするのですが、
何より息子にまで辛い思いをさせてしまったのが苦しいです。
本当に自分が情けないです。
先生からのお言葉をちゃんとできていないということを
気づかずにやってしまっていたのです。
わからなかったらお聞きする、ができていないという自覚がありませんでした。

ちゃんと先生からいただいたお言葉をやらないと、
自分が痛い思いをするのです。そして自分の大切なところにも痛みが広がる
こともあります。恐ろしいです。

私の懺悔をここに書き記させていただくことで、
今ちゃんと聞くことができていらっしゃる方も、
または、ちゃんと聞けていると自分では思っている方も、
まだまだ聞けていないと自覚がある方も、
再度戒めていただきたいのです。
知っていただきたいのです。

わからなかったら、お聞きしましょう。
確認するためにも、もう一度お聞きしましょう。
先生はちゃんと教えてくださいます。

私のいけないところは
これはどうなのかな?
と少し思ったくらいの時点ではあまり深く思わず、
しかしそれを毎日ちょこちょこと
思ってはいるのに
そこの時点ではまだ動かず、
その思いが日々重なって行き
うーん、やっぱりこれはどうなんだろう?
と深く思いはじめた時点で、やっと動く(お電話セッションを申し込む)と
いうパターンをしていたからだと思います。
最初のこれはどうなのかな?
と思った時点で
ちゃんと聞くという動きをしないことが
いけなかったと思います。

このクセを
もうやめます。
ここに書いてしまったら
もう、やらなきゃ、変えなきゃ、です。

最後に書かせてください。

しかしながら先生に聞けることは、
決して当たり前なことではありません。
やることをやらないで困ったことになった時だけ都合よく聞く、というのは
失礼なことだと思います。
先生からのお言葉は
すごいところからのメッセージ。
わからなかったら聞きましょうとおっしゃってはくださるが
そこに私たちは最大の敬意を払ってお聞きすることが大事だと思うのです。

自分ではどうしたらいいかわからなくて、誰に聞いてもやっぱりわからなくて、
どうしょうもなくてお尋ねしている私です。
それでどうしたらいいかをお聞きしたらそのお答えを
すごいところから
すごい存在である先生より
伺えるのですから敬意を持つのは当然のことだと思うのです。
こんなにありがたいことは、他にないのです。

いただきすぎているところにお返しをするくらいでないとバチが
あたると思うくらいです。
そう思うからには教えていただいたことを最大限の力でやらないと、
と思います。
しっかり敬意を払い続けること、
絶対に忘れません。
そして聞いたからには、やる
を絶対に。
答えを知ってしまったのにやらないのは
大きな罪となっていくよ。
昔伺ったことがありますので。


気づいたので、やります。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

追っかKリポート 五次元子ども合宿

先日お電話セッションを受けさせていただきました。
ひまわりさんを見習って、終了のお時間2分前にタイマーをセットしたのにもかかわらず、約50秒オーバーしてしまい、
終了後、気分がチーンとなった私です(-_-;)
次回こそ、10分以内で終了するよう頑張ります!


本題に入らせていただきます。

五次元子ども合宿にクロコとして参加させていただいたことを
書かせてください。


・誰に言われるでもなく自主的に動くこと
・自分の苦手と向き合うこと
・全力でやること
・本気でやること

これらをかかげた5次元子ども合宿。
私は日本側のみなさんと普段触れ合う機会が無いので、
合宿に参加されていたみなさんそれぞれがどういう子どもさんなのか
よくわかりませんが、
参加されていたみなさんの熱さはそれぞれ違くとも
それぞれが本気で、
しかしのびのびと、そして生き生きと過ごされていたこと思い出します。
みんなが先生を慕い
先生を心から信頼し、
そして先生がその信頼に全力で本気で応えられていた。
そんな合宿だったと思います。

英語で歌を歌ったり、理科の実験、
ヨガのクラスなど
授業内容も
本当に幅が広かったです。

私が思ったことは
先生というお方が
皆さんのバランスというものを
常にお考えになられているということでした。
合宿は子どもだけの参加でしたが、
先生のおかげ様で
子ども側は普段学校では学べない教えをいただける機会を得られ、
そして大人側は子どもに指導する機会を得られ、
しかもそばで先生がこういう時はこうして指導すれば良いなどアドバイスを直々にいただけるという特典までついておりました。

そして先生は
食事の時でも皆さんを常に見ておられ
(監視というのではなく)、
お考えになられ、畏れ多くもクロコの私にもお声をかけてくださいました。
先生というお方は本当に皆さんのことを常日頃から考え思っていらっしゃる方だということを痛感いたしました。
そして先生の全力、本気というのを
この合宿というものすごく密な時間をご一緒させていただくことで、
しっかり拝見させていただきました。
これを毎日されていらっしゃるとは…。
本当にすごいお方です。

息子は合宿の始めの方は
私から決して離れませんでしたが、
時間が経つにつれて私から離れて
数人の方々と遊んでもらえて
とても嬉しそうだったのを覚えております。
そしてこの合宿で息子がすごく成長をしたと感じております。
この合宿が無ければ
今でも私から離れない子だったと思います。
ハワイで子供クラスの5次元生は息子と私だけですので、
日本側の子供クラスのみなさんと出会い過ごせた日々は
確実に息子の中で記憶されました。

合宿ではみんなで円陣組んで
「5次元!オォーッ!!」
というのをやりましたが、
この合宿が終わっても私が"5次元クラス"という言葉を口にすると、
今でも息子はそれを覚えていて、
息子は私に手を伸ばせと言い、2人で
「5次元!オォーッ!!」
とやることもしばしばございます。
息子は5歳という小さいなりにクラスにくらいついていたのだと
思います。

最終日の昼食は
子ども合宿に参加した子どもさんのお父様やお母様たちが
ご用意くださったものでした。
「愛がいっぱい詰まっているね」
とクロコとして一緒にご参加された方が食べながらおっしゃっておりました。
本当に愛がいっぱいでした。
こういう愛情のある食べ物を
私も子どもにたくさん作ってあげたいと思いました。

大人も合同となった5次元クラス2部。
子供の確かな成長を見て受けたお母様達が流した涙を拝見し、
こちらも涙が溢れました。
心がほんわかと暖かくなりました。

よさこいのダンス、すごかったです。
カッコよかったです。
息子も食い入るように見ておりました。
私はEさんと同じ部屋でしたが、
夜になるとどこかに行かれ
どうされたのかなと思っておりましたが、
Eさんは子どもさんを連れて
夜遅くまでよさこいを披露されるみなさんと最終チェックなどをされていたことを後で知り、
先生に敬意を、そしてその心をちゃんと示しておられる方がたくさんいらっしゃるのだと
知りました。
こういうことも大変勉強になりました。

ここに書ききれないくらい
あの子どもさんのこんないいところがあった
この子どもさんのあんないいところがあったと
たくさん発見できました。

このように参観させていただけたこと、とてもありがたかったです。
そしてこの場で改めて、
私をクロコとして合宿に参加させていただくことお受けくださいました先生に
深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。

追っかKリポートは、まだあります。
気づけばもう11月半ば…。 
私はブログを早く書かねばと焦る毎日でございます。
月日の経つことにも焦りますが、焦る理由は、他にもございます。
オタッキーユッキーさんのブログアップの速さにです。
そして先生までも早くブログアップされて…。
御忙しい中このブログアップの速さ、
本当に凄すぎる御方々です…。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| こづれづれ日記 |