こづれづれ日記

追っかKリポート 満月の夜の儀式とティピ儀式

今年の春に先生を追っかKしたリポートを書かせていただくのが最後となりました。
最後に追っかけの一番始めのことを書くのも順番としては少しおかしいですが、
心して書かせていただきます。


3月ワークショップに参加された方々に特別に招待していただいた、
満月の夜の儀式。
思わぬ畏れ多い招待を受け、
なんだかソワソワしたのを覚えています。
その場所はながれさんのご自宅。
なんという素敵な家なんだと感動して、キョロキョロしていました。
ご本人様から先生のおかげ様でこの家に住むことができたのですと伺うことができました。
そのお嬢様の一人が
「家を守ってくれてありがとう」
と先生におっしゃったのを拝見し、
とても感動し心が暖かくなったのを覚えております。

ティピ立てが始まりました。
その間先生はずっとその様子を見守られておりました。
そのときです。
あの、すごい雲が、現れました。
(先生のブログゆきさんのブログをご覧ください)
今でもはっきり覚えております。
あり得ない形をしていた雲。
すごいものを見てしまったとあわあわし、写真を撮れなかった自分がいました。

ティピが完成したのを拝見し、
写真でしか拝見したことのない私は
これが、あのティピ!
と感動しました。
ずっと前から儀式などに参加ができず、
先生のブログなどで、写真ではこのティピを拝見しておりましたので、
生で見れたことがとっても嬉しかったのです。
ハワイから追っかKをしてきてよかった!と思った始まりでもありました。

素敵なお衣装に身を包まれた先生が
儀式というようなことされるのを
ハワイでは拝見したことがなかったので、何か先生の違う一面を見た気がしました。

追っかKの1日目から、あのすごい雲を、すごい奇跡を見てしまった私は、
この先の追っかけではどうなるのだろうとガクガクしました。

次の日はティピ儀式でした。
最寄り駅から儀式が行われる場所へ向かうタクシーでAさんとHさんとご一緒させていただいたのですが、なんとそのタクシーの運転手さんの苗字が椿という漢字がつく方だったのです!
それに気づいたHさん、Aさん、すごいです。
その運転手の方にお伺いしたところ、珍しい苗字ですよねとご自身でもおっしゃっておりました。
もう、ここでもすごい!と思いました。

この日は老若男女というのでしょうか、たくさんの様々な人がお集まりになりました。
私は初めてこのような儀式というものに参加させていただいたおかげで、
ハワイに居てはわからなかったことなのですが、
こんなにもたくさんの方々が先生に繋がられ、命を助けていただき、人生を救っていただき、正しい道に導いていただけているんだということを知りました。
特に皆さんと話しをした訳ではありません。
でもそれは感じることができました。
中高生の男の子たちを見た時、いつか息子もこんな風に大きくなるんだなと想像しました。
息子の方が私なんかよりちゃんとできているのですが、
一緒に生活している私がずっと精進し続け、
息子と一緒にこうしてまた皆さんとお会いできるようでありたいと思いました。

この日の天気予報は雨でした。
しかし儀式が始まると
雨は止みました。

見えない世界はある
と先生は何度もおっしゃってくださいますが、
目で見て見えない世界を
はっきり教えていただきました。

あのすごい雲。
そして儀式が始まってから、雨が止むということ。

もう本当に偶然では片づけられないほどのたくさんのことが。
奇跡です。

すごい奇跡をこの2日で見させていただきました。
追っかKはまだ始まったばかりだったのにです。

こうして約1か月にわたる先生の追っかけがスタートしたのでした。

しかし、その後予期しないことがたくさん起こりました。
心痛いことがたくさんありました。

ここから思ったことは、
見えない世界は全部見ている
と人のふり見て我がふり直せですが、
心底思い知りました。
先生からも教えをいただきましたが、
やったことは必ず自分にかえる。
本当にたくさんの勉強をいただきました。

またいつか絶対に、先生を日本に追っかKます。
くらいつかせていただきます。
くらいつきながら、自分のまだまだできていないというところをたくさん気づき、
痛く恥ずかしいこともありますが、
こうして教えていただける、そしてそれを修正できることの有り難さを深く思います。
なぜなら先生に繋がることができなかったとしたら、全く自分では気付くこともできないのですから。
もし自ら気づいても、どうすれば正しく進めるのか、自分ではわからないのですから。

先生は
「聞けるところがあるっていうのはいいですよね。
私はいつ来るかわからないメッセージをひたすら待つしかないですから
みなさんは、いいな。って思うことがあります。」
と昔におっしゃったことがあります。
先生は宇宙からのメッセージをお伝えくださるという道管だから、先生ご自身には聞けないということでした。
それを聞いてから私は先生に教えをいただいて
「はい、ありがとうございました。」
では決して済まされないと身に染みて思います。

改めてまして、先生から教えをいただけることに感謝申し上げます。

この旅でレインボーのみなさまと暖かい交流がいただけたことにも感謝です。
これも全て導いて下さっている先生のおかげ様でございます。

2015年春、先生を追っかけしたリポートは
これで終了いたします。
お読みいただきありがとうございました。

今後も五次元生として精進して参ります。




※写真はゆきさんから頂戴いたしました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

追っかKリポート 吉田真由美先生と行くアマミツバキの旅

この旅の下書きをずっと前から書いていながら、
書き進められずにいました。
理由は奄美に滞在した3日間が濃すぎて、うまく書きまとめられない自分がいます。
しかしながら、今日という今日は、書き進めて参ります。
あまりにも濃すぎてすべてをお伝えはできませんが私の印象に残っているところに
重点を置いて回想します。

奄美滞在1日目は、のんびりと息子と二人きりで過ごしました。
この時にビーチで遊んでいたとき、
穏やかな海をよく見ると、
砂が波をうっていたのでした。
何か珍しいなと思い、写真を撮っていたのですが、
もう既にアマミツバキツアーが始まっていました。
それはテーマは波、ということを翌日から始まったアマミツアーでお聞きしたからです。

滞在2日目に、先生のワークショップがありました。
素敵なお衣装に身を包まれた先生。
いつも参加させていただいているワークショップとは違う空気でした。
ワークショップ後に全員が移動して行きました節田立神という大きな岩があるビーチでお祈りをしました。
ここは沼島の神立神岩と繋がっているとお聞きしました。
そういうところへ自然と導かれていくのだともお聞きしました。
そこのビーチにいるときに私の耳に中に虫が入って「ズズズズズズ」という音を立てました。
私以外の数人の方も、同じようなことがあったと後で知りました。
その事について翌月のワークショップか5次元クラスの時にどなたかが先生にご質問されました。
その答えは
「よく聞きなさい」
ということでした。。。

滞在3日目はバスツアーでした。
先生はバスの中でずっと立ちっぱなしの状態でマイクを使いながら
進行方向に対して後ろを向きながら私たちのほうを向いてお話しくださいました。
バスに乗りながらの贅沢な移動ワークショップでした。
その時々で

「わからなかったら、聞くこと。」

このお言葉をバスの中で何度お伝えくださったことでしょう。

私事になりますが、こんなにもキーワードとなるお言葉をアマミツバキツアーで何度もいただきながら、
聞いていたつもりで聞けていなかった自分がいました。
今でもそれがちゃんとできているか、わかりかねますが、
このバスツアーと言えばこのお言葉というくらい、私の中に記憶されました。

地元にお住まいのSaoriさんが地元の人こそ知るという場所をたくさん紹介してくださいました。
ガイドブックにも載っていないような場所、
そしてそこに先生のお導きがあって観ることのできた不思議なものがたくさんあったバスツアーでした。

パワースポットという所に行った時、
霊感などない自分に珍しく不思議なことが起こりました。
なぜかわからないのですが、そこに行った時、止まらないほどオンオンと声をあげて泣いてしまいました。
何か込みあげてきました。
心身病んでいるところを、癒していただいたと思います。
なんとも言えないくらい有難く、そして不思議な気持ちだったのを、今でもはっきりと覚えております。

この日の夜に先生のトクトク貯金のおかげ様で私たちも拝見することのできた伝統芸能。
唄も素晴らしいし、みんなで輪になって踊って。
とても暖かい気持ちになりました。
奄美の方々に感謝です。
このようなものを私たちにも見せてくださった先生にも感謝です。

先生にお声掛けいただき、息子と二人でその日の夜でしたか、タクシーで先生がお泊りになっているホテルに向かいました。
先生はジョーさんのお誕生日ということで
ケーキをご用意くださっておりました。
息子の誕生日も近いからということで一緒に祝ってくださいました(その時息子は寝てしまっていましたが)。
先生はどこまでお優しいのでしょうか。
お忙しいスケジュールの中、このような御心を示される先生。
ケーキをご用意くださった先生、ゆきさん、ひまわりさんにも感謝ですが、
とにかくこんなにもお忙しいのに、どこまでも御心をかけてくださる先生に、ただただひれ伏すのみです。

帰りはジョーさんご家族が雨の中、遠く離れた私たちの泊まっているホテルまで、車でお送りくださいました。
その間、車中で笑美さんとご一緒にお話しさせていただいたことは、私にとり貴重な宝となる時間でした。
そしてジョーさんともご一緒させていただき、こちらもとても貴重なお時間を頂きました。
ホテルに着き、夜にはずっと前に約束をしていたHさんとご一緒に乾杯という夢が叶いました。
こうしていろいろいただけたのも、全て先生の歩かれている道に食らいつかせていただいているおかげ様です。

帰る日の朝、奄美の海を眺めながら、このような時間を持てたことに、心から感謝しました。

時間が経った今でも、決して色あせないアマミツバキツアーです。
貴重なお時間を大変ありがとうございました。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

学びを実行した結果報告

先生から5次元クラスやワークショップで
いただいたたくさんの学びを書き留めたノートの整理を
ずっとやりたくて、
頭の中でペンディング事項として残っていました。
しかし私がうまく時間を作れず、
実行できずにおりました。

今日こそは!
そして
絶対にここを越えなければ
次にやるべきあれもこれもできない!!
と思い、
今日という今日は最優先でそのことをやりました。

時間が結構長くかかりそうだな。とか
今日で終わるかな。とか思いながら始めたのですが、
やっている作業は学校の授業でいう復習なので、
とても勉強になり
時間があっという間に感じられました。

本日やることリストを書いて(先生からの教えの一つです)、
その一つが終わったら、
先生から教えていただいたあれをやって(ワークショップに参加した方ならわかるはずです)、
それから次に書かれたリストのことをやって、
また次をやって、と
どんどん進んで、
そのうちに何か自分の中で
気になっていたことがどんどん消化できたせいか
楽しくなってきて、
そして息子とのやりとりにも余裕が出ていたように思います。

"どんどんいい方向に変化している"

今日一日を過ごしながら、思いました。

他に書いていたリストのひとつの
車の掃除は
天気が晴れたり雨が急に降ったりしたので、また違う日にやることにして、
あと他に残っていたことは、
ブログを書くこと
だけとなり、
ただいま実行しています。

"なんだろう、この楽しさ"

やりながら
本当にただ先生のおっしゃった通りにやればいいだけなんだな。
そしてこんなにたくさんのいろいろな答えをいただいているんだ
と改めて感じた今日一日でございました。

こんなにもいただけていることに対し、
まだまだお返しが全然できていないと
深く思いましたが、
復習した中で
どういうことをすればお返しとみなされるかという答えまでも
教えていただいておりました。

"どこまで深くたくさんいただいてしまっているのだろう!"

考え出すと怖くなるくらいのたくさんのことをいただいております。
答えを知ったのにやるべきことをやらないでいるとどうなるかということは
繰り返し学んでいます。

自分の望む結果を出すためには、やるべきことをやり続けるしか、他にもう道はないのです。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

見えないところを見る

先生は私たちの前では、
しんどくてもしんどいという顔をしません。
先生は昔、インフルにかかっても5次元クラスを長時間休憩無しで行ってくださいました。
分刻みのスケジュールの中で
先生は昔、私に緊急お電話セッションを何度もしてくださいました。
先生ご自身の貴重なお時間を削ってくださっていたのです。
先生が道を示してくださったおかげで
今の幸せな自分がいます。息子がいます。
このことは一生忘れません。
先生はこんなにもお忙しいのに、
緊急お電話セッションを取ってくださる時にこちら側の都合の良い時間まで聞いてくださる時もありました。
どこまでお優しいのでしょうか。
どこまで思いやってくださるのでしょうか。

クライアントからの依頼事で
マイナスをくらってしまい寝込んでしまったこと、
クラスであまりに全力でやったが為に、
クラス終了後、車でご自宅に向かう途中で意識が遠のき、路肩でしばらく休まれたことなど、
ほんの少しお聞きするお話から、どれだけエネルギーというものが大きく影響するものかと
私は想像して驚くばかりです。

自分のことなど顧みる余裕もなかった頃に、私はどれだけのマイナスを放っていたのだろうかと、
そしてそのマイナスを先生は受けてくださっていたのかと考えると身震いがします。
私がもし、先生の子供さんのおひとりの例えばゆきさんという立場なら、
とっくの昔に
ちゃんとできていない私に愛想をつかして
「いい加減にしてください!」
と怒りを露わにしたかと思います。
しかしゆきさんは決して私に嫌な顔をしたことがありません。
逆にものすごく優しく接してくださいました。
この方たちのお優しさって、
決して私がどうひっくり返っても
今生では持てないものだと思います。


先生の見せない思いを、見るように。
どれだけの思いで
私たちのためにやってくださっているか。
これは、私たちが、自分が幸せになりたいと
先生にお願いしたが為のこと。
全ては私たちの幸せの為。
このような中でも
どんなに心を傷つけられるようなことがあっても、
お身体に傷を負っても、
先生はいつも笑顔です。
爽やかな風を届けてくださっています。
私たちが心地よいエネルギーをいただけているのは
先生の決して表には見せないたゆまぬ努力のおかげ様。
ここを忘れてはならないと思います。

人を思いやる。
助けてくださっている人、例えば先生を思いやる。
自分だったら先生がしてくださっていることを人にできるだろうか。
先生がいらっしゃらなければ暗闇からの出口が見つからないかもしれません。
感謝すること、敬意を持つこと、戒めること、
もうこれ以上先生の口から言わせることがないように私たち自身が思いやる心を
持ち続けることではないでしょうか。

先生のことをすごい、すごいとたくさん言っている自分ですが、
闇雲にすごいすごいと言ってしまうと、反って先生のことを誤解されてしまうかもしれませんので
お伝えする側の私たちは気をつけなければいけないところだと思います。

先生がたゆまぬ努力を続けておられること、やると言われたらどんなに困難なことであろうとも
全力で
おやりになるところは誰もが認めておられることかと思います。
使いこなせる語彙の少ない私には、こういうところも、ただただすごいとしか言い現しようがないのです。

先生の見えないところの努力を思い、
自分自身にカツ入れをしております。

これからも自分はくらいついて参ります。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

自分のモンダイ

本日のお電話セッションで
お時間が12分弱かかり、
また10分以内に終了ができませんでした。
反省あるのみです。
次は20分セッションを申し込みます。


先生に繋がれて、
5次元クラスとワークショップで
年齢関係なく皆で学ばせていただいておりますが、
それぞれ個人には、やるべき課題があると思います。

私もやるべき課題が、あります。
たくさん、あります。
あんまりありすぎて頭から湯気が出てきそうなほどです。

"時間が無い"
"今日は身体がしんどい"
と何かしら言い訳をしていました。
でもこれは、私が越えるべき課題の一つ。
私が前にいた場所(それぞれ大したことが無いのに偉そうにする人たち、自分のことは棚に上げて人のことばかりを言う人たち、自分よりも不幸な人をつかまえて世話しているように見せかけて内心は自分が上だと思っていたい人たちだらけだった場所)は、
みんな都合が悪くなると
必ず誰かのせいにしていました。
そんな人たちのことをイヤだと思っていたのですが考えてみれば
同様に私自身も誰かの、または何かのせいにしていました。

もう自分、なんだと、いい加減に認めるしかありません。
モンダイは自分なのだということを。

だからやるべきことの一つの
ブログを書かなかったのは
時間が無いからと言い訳をするのではなく
うまく時間を作れなかった自分のモンダイ。

もっと時間をうまく作る人になるよう
変わります。


こんな時、心底思います。
毎日分刻みのスケジュールの先生が、
ブログをどんどんアップされる…。
やはり先生というお方の凄さ。
有言実行。

スゴスギル…

と口が半開きになって感心している場合ではないですね。

前にワークショップで先生がそのコツを
教えてくださいました。
しかし、私は継続できませんでした。
この継続ができないも、自分の課題の一つです。
自分のモンダイから目をそらしてしまったからです。
次は教えていただいたことをやり続けることをやり続けます。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| こづれづれ日記 |