こづれづれ日記

五次元クラス by Skype


私がどんべになりました。。。
みなさまがブログを書かれるサイクルが早すぎで、私には高地トレーニングを受けているように感じます。
ハードだけど、まだまだやり続けます!


五次元クラスはいつも日本側がSkypeでクラスを受けておりますが、今月はハワイ側がSkypeでクラスを受けるという
いつもと逆バージョンでした。

本当にこのお方はすごい(1回目)と思いながら集中して話しを聞いていたら、
気づいたらあっという間に1時間以上経過していました。

実は。。。

日本へお出かけになる前、通常のお忙しさに出発のご準備などが加わり体調を悪くされていたのを
お知らせさんを通じて私は知っていました。
先生のお具合は決して日本に行けるような状況では無かったのです。

それが、
Skypeを経由して画面に映った先生のお姿を拝見し
私は言葉を失いました。
先生のお姿から体調不良が全く見えないのです。
いいや、見せていない。
ほんの少しでも私たちに見せないようにと先生はされていたのだと思います。
しかも先生はずっとクラス中、立ったままでお話しを続けられていました。

先生というお方は自分自身がどんな状況であろうと
どれだけ私たちクライアントの為に全力を尽くされているのか。
今回のクラスでも参加していた方ならわかると思いますが
時間内で最大限の教えを私たちへお伝えくださっていることをひしひしと感じました。

「今年が最後かもしれない」

ゆきさんのブログに書いてあるのを拝見したとき、
先生は本当に今回のご来日が最後でもいいようにと
一分一秒を今年も全力で過ごされているのだと
クラスでのあの先生のお姿とこの言葉が一致しました。

私は自分の中でまだまだ甘さがあったことを認めます。
常に先生から教えをいただけること、
先生が毎年日本に行かれるということ、
ハワイに住んでいるから先生にお目にかかりクラスを受けられることなど、
全ては決して当たり前ではないと思いながらも
やはりどこか100の内0.5でも当たり前に思っていた自分を認めます。

もっともっと、自分に厳しく、
もっともっと、私が変わるべき。

この思いをしっかり持っていかないと、
どこかで当たり前と思っている先生からの教えを受けられない日がいつか来たとしたら
私は途方にくれることになると思い、
ものすごく怖くなりました。


ついにあと数日後にハワイから先生を追っかKます。

私の気合いが、さらに深く入りました。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

追っかK イントロダクション

子どもがいる生活の中で新しく知り合う方は、国籍を問わず子どもをお持ちの方が自然と多くなります。
職場で知り合った人も子どもをお持ちの方ばかりでした。
そういう方との話題はやはり子どものことが多くなります。

最近知り合ったその人には中学生の娘さんがいます。
聞くところによると、しょっちゅうその人の母親が日本から来てくれて、御飯を作ってくれたり娘さんの面倒をみてくれるそうです。
その人の話しを聞いて、昔の自分なら少し羨ましいと思ったかもしれませんが
今では全く思わなくなりました。

私も変わったな、と思います。

知り合って三年が経過する仲良くさせていただいている小学生の息子さんがいる人の場合、
息子の将来を考えて、ランクが高くいい学校(世間一般でいいと言われる有名な学校)がたくさんあるというメインランドの区域に引っ越しをすると言いました。
いい小中高等学校そしていい大学を出たかで将来が決まるからとその人は断言しました。
実際に学歴社会というのはあると思うのですが、でも勉強だけできれば、成績さえよければ、将来は本当に輝かしいものになるのか、私には疑問しかありません。
私はその人に、「いい大学を出たからって将来は何もわからないよ。それよりも心を育てることが大事じゃない?」と言いましたが、その夫婦そろって私の話しなど聞いてくれませんでした。
しかも「心だけでは食べていけないでしょ!!」とまで言われてしまいました。

私は有名な学校を出ているのに仕事ができるわけでもなく、性格が最悪な人を知っています。
人を思いやれない、人をバカにするしかできない、平気で嘘をつく、人を見下す、何かという時には自分が出た学校の名前を出して偉そうにする人を知っています。
そういう人を知っているからこそ
何よりも心を健全に育てることが大事だと思うのです。
先生はいくら学校で成績が良くても心がちゃんとできていなければダメだと教えてくださいました。
この言葉を聞き、何か嬉しいものを感じた自分がいます。

先生にお会いしてからというもの、私は人の在り方から子育てからの全てを1から教えていただきました。
今も勉強中ですがそのおかげ様で私は学校からも親からも周りにいた大人の誰からも決して教えてもらえなかった人の芯となる大事な心を教えていただいています。
息子は自分の子どもとは思えないくらいに私とは違って
相手の年が上だろうが下だろうが分け隔てなく、いけないことはいけないとはっきり言います。
そして思いやりもちゃんと持っています。
そんな息子を誇りに思います。
これも全て先生に教えていただいているおかげ様です。

子どもから大人まで年齢問わず心の持ち方を、そして正しい生き方を教えてくださる先生に教えていただけることは
私たちにとって宝です。
宝のもち腐れにならないよう、いかに実生活において学びを実践していくか。宝を磨いていくか。
ここが大事なのだと思います。

今年も先生にくらいつき追っかKの旅をし、そして息子共々が進化できるよう学ばせていただきます。

いよいよ来週です。

気合い入れて、参ります。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| こづれづれ日記 |