こづれづれ日記

お知らせより 頑張っておられる方をご紹介させていただきます

遠くにお引っ越しをされて、毎月開催いただいております先生のワークショップや五次元クラスになかなか参加できない方もおられますが、
そういう方たちは先生のお電話セッションを定期的に受けて、ブレがでないようにしながら頑張っておられます。



今日は頑張っておられる中のおひとりを
恐れながら私からご紹介させていただきます。



こちらの方はお引越しをされて遠くに住んでおられるため、
時々メールやお手紙で先生に近況報告をされていると伺っております。



先生の許可を頂戴いたしましたので
こちらに載せさていただきます。







「先生は、自信があるのにどうして、自然で、偉そぶらないんだろう?」

昨年のある日、ふと、先生に対して、そのように思うことがありました。
その時は、よくわかりませんでした。偉そぶると良くないから、それを守ってらっしゃる。でも、あれほどの自信のある方が、

偉そぶらないのはすごいな。と、思っておりました。
私は、最近、「先生は、自信があるのに、自然で、どうして、偉そぶらないんだろう?」と、いうことを改めて考えてみました。

先生は、いつも、「嘘をつかない。」「思いやりを持つ。」「見せていくしかない。」と、私に御指導をくださいます。
自然である=ありのまま=嘘をつかない。
偉そぶらない=人を傷つけない(自分も傷つけない)、思いやりを持つ。



先生は、御指導のとおりのことをご自身の態度でも示して、ずっと、見せてくださいます。

御指導をお姿でも、教え続けてくださいます。

ものすごいことをやり続けていらっしゃいます。私はそのお姿を拝見させていただいています。本当に、ありがとうございます。

そんな先生からご指導をいただいている立場にある、私は少しでも前に進んでいけるように、先生に恥をかかせることの

ないように頑張っていきたいと努力をしております。



井尻陽子







お知らせの先輩方と拝読させていただき、
おっしゃっていることが本当にその通りですねぇとお話ししながら
皆さんで頷いておりました。



井尻さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

カルマは垣間見た! 先生の1分刻みスケジュール

お知らせ業務をさせていただくようになって私は先生の分単位で動いていらっしゃる
スケジュールを垣間見るチャンスがたくさんあります。

ある日の午後のこと、
クラスを受けている方のクレンジングをシャーマン先生とされた先生は
エネルギーを使い果たされたのでしたが、
次の日には緊急セッションと日本側の学級委員さんとのミーティングも
予定されていました。

ご予定の午後のクレンジングのお時間から逆算すると、
緊急セッションをお待ちの方が大変多かった為、
セッションとセッションの間に取るはずの10分休憩を入れることなどできず、
しかしそれでも緊急セッションのスタート時間が
朝の8時45分という早さでした。

最後の学級委員さんとのミーティングが終わったとお知らせを受けてから
午後のクレンジングの方の始まる時間まで8分しかありませんでした。
いつお支度をされて、いつお食事をされて、いつ移動されるのか…、
1分1秒を争う忙しさの中、
動きながら次の動きをされ、そしてまた次へと動かれております。

この凄まじい動きを垣間見て私の目は点に、そして口はどんどん半開きになっていったのでした。
な、な、なんというハードスケジュールなんだ!!!
と思ったのでした。

お知らせの先輩のお話しによりますと、
戦闘モードだった頃の先生は
毎日のように
このようなタイムスケジュールで動かれていたそうです。
銭湯モードになったとおっしゃいますが、それでも普通の人の動きとは
比べ物にならないほど動いておられます。

この日のような1分刻みのスケジュールを久々にこなされたそうですが、
今迄何度もこなしているから笑っていられる、と
本当に笑いながら私にお話しくださいました。

こんなにも先生がやってくださっているところを垣間見ればみるほど、
結果をまだ出せていない自分に情けない思いでした。
そしてこれはもう、結果を出すしかないぞ、とさらに気合が入りました。
私はやります!

先生のこなされていることのレベルがただただ高すぎて、本当に恐れ入るばかりです。
言葉がありません。

私たちはどれほどまでに先生の1分の重さを
わかっているだろうか。
先生のこのようなお忙しい時間の中で
セッション、クラスなどで学びをいただき、
そこからいただけたお言葉に対して
どれだけ真剣に
どれだけ真摯に
向き合えているだろうか。

そして何よりもこんなにもお忙しくされてまで私たちにお言葉をお伝えくださる先生に対して
どれだけ敬意を持てているだろうか。
礼には礼を持ってお返しすることができているだろうか。

私は今までと同じようにセッションやクラスで
先生からお言葉を聞かせていただきながらも、
決して今までと同じではない
言葉の重さを感じています。

私にはまだまだ敬意が足りていなかったことを認め、
またやり始めています。

お知らせの先輩方が
このような先生を何があってもサポートされて頑張っていらっしゃるので、
私もこれから頑張っていきます。

そしてお知らせをやらせていただいて
私が垣間見させていただきながら、
自分のできていない部分を認めつつも、
皆さんに先生が裏でどれだけされていらっしゃるかということも
きちんとお伝えしていきたいと強く思いました。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

カルマが固まった瞬間

お知らせのお仲間に入れていただいてから、先生そして先輩方から
毎日気づき、そして学びをいただき、毎日五次元クラスを受けているようです。

先日お知らせの先輩が

「お電話セッションをお受けになる方たちについて言うと、セッションの間隔が開けば開くほど、
みなさん進み具合が遅くなるんですよ。
反対にセッションを短い間隔でお受けになっている方たちは
確実に結果を出されていきますよ。。」

「凄いですよ。怖いくらいです。」

「しばらくお名前をお見かけしない方たちは、ねぇ、、、、、、、、、、、、、、
どうされてるんでしょうねぇ、、、、、、、、、
大丈夫だといいんですけれど。。。」

と何か遠くを見つめながら、
淡々とお話ししてくださいました。

自分にも心当たりがあると気づき、多分、違う意味で怖かったです。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

カルマが垣間見た! 先生のお優しさ

先生はわからなかったら聞きなさいと
おっしゃってくださいます。
こんなこと聞いたらどうなんだろうという思いがあったりする中、
それでも思い切って伺うと、
先生は全てを、そして聞いた以上をお答えくださいます。

これをセッションなどで伺うのはもちろんと思うのですが、
お知らせのお仲間に入れさせていただいてから
なんでもかんでも先生にメールで質問をされてくる方がいると知りました。
以前からこのようなことは頻繁にあるとお仲間の方から伺い
私は驚きました。

そのような中でも
メールで来る質問に対して先生はいつでもお答えくださることに、
もっと私は驚きました。

こんな時、
ただ、あり得ないな、思うのです。
こちらがガクガクする思いでいっぱいです。

この世の中、弁護士や医者他、プロの誰から何かを相談するのはたいてい有料です。
ヒーリング会社でも
無料相談を毎日のようにされているところを聞いたことがありません。

私はメールで来る質問に対して
対価は発生しないのか?
と当たり前のことを思うのです。

しかし先生は決して対価についておっしゃいません。
対価をお支払いをいただきたいという気持ちがもしお有りなら、
始めからメールでの質問にお答えされないと思うのです。
でも先生はお答えくださいます。
それは、ただ先生がお優しいからなんだと思います。

なのに一部ではこんなにお優しい先生のことを怪しいと言う人いると聞きました。

どうして、どこが、怪しいのでしょうか?
お知らせの先輩がおっしゃいました。
「これほど人にやさしく自分に厳しくされておられる方は今の時代、なかなかいないでしょう。
普通と言われる自分に甘く
人に厳しい人たちから見れば、そこが理解できなくて、怪しい、なんて言葉を
使っているんですよ。」 

自分ではわからないこと、どうにもならないことを質問し、
それに対してお答えをいただいたら
ありがとうございましたという、薄っぺらい言葉だけで終わらせるのでなく、
教えていただいたことをやって結果を出して見せていくのは教えていただく側の私たちがやらなければいけない当然のことだと思います。
その結果を出す過程の中でどれだけの先生の大きな支えをいただいているのか?
私の場合、先生の支えのおかげで今現在まで自分が生きていられているかのを思えば、
結果が出てから何かのお返しをするというのでは
全く合わないなと思うのです。

先生は昔私に
子供だからとか大人だからとか関係なく
敬意を持つことを教えてくださいました。
人間だけでなく、動物や植物や自然にも敬意を持つことを教えてくださいました。
大きな教えをいただいてはおります。

先生に対してだけ敬意を持つ、礼儀をわきまえるというのではなく、
全てにおいて礼儀は必要であると思うのです。

先生は何より御心をまず第一とするお方です。
敬意というものを実践で見せてくださっている方です。
先生は心が無いものの言葉はすぐにおわかりなるお方です。

先生のお近くでサポートをされているお知らせのお仲間に入れさせていただいた私は、
いろいろな角度から毎日勉強をさせていただいております。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ザンゲ

ある一つのことがきっかけで
私はたまらなく不安になり
先日思い切って緊急セッションを申し込み、先生の貴重なお時間を頂戴し受けさせていただきました。

以前の私は、そこまで不安になるまで待ってから
緊急セッションを申し込んだことはありませんでした。
何かあったらすぐに緊急セッションを申し込んで先生からお言葉をいただいていたのです。
でも最近、聞かなくなった自分がいました。
先生は聞くことをしなさいと
クラスで何度もおっしゃっております。
でも、私はそれでも聞けませんでした。
言い訳になりますが
お知らせ業務のお仲間に入れていただくようになり
先生の忙しさやすごさを前よりさらに深く知った私は
先生をどんどん畏れ多く思い、
私の10分が先生にとっての2時間、
いやもっとそれ以上であったり、
先生が今迄どれだけ私に多くの犠牲を払ってくださったかをどんどん深く知り、
もう、これ以上聞けない、聞いてはいけないと思う気持ちが強くなり、
少し遠慮をしました。
他にも緊急を要する方がたくさんいて、その方たちの緊急性に比べたら
私はそれほど緊急ではないなどと思ったのも事実です。
そして私はいい加減、今迄たくさんの教えていただいているのだから、自分でやってみようという気持ちがあったのも事実です。

100%その気持ちは間違えているとは思いたくないのです。
なぜなら本当に私は先生からたくさんの助けをいただいているからです。
全てと言っても過言ではないくらいだと認識しています。
お忙しい先生の貴重な時間をこれ以上私のあれこれで潰したくないという
私なりの思いやりを示そうと思ったのだと思います。
しかし、結果としてそれは何の思いやりにもならないとわかりました。

私の動きの一つを間違えても
今迄のいい波を全く逆にしてしまうことも経験しているのにもかかわらず
私は聞くことをしなかったのです。

先日緊急セッションを受けさせていただいたおかげで
自分の間違いに気づくことができて大きな助けをいただきました。
その緊急セッションの15分(休憩時間を潰してまで先生はお話しくださったのです)という時間がもっと何百倍もの時間分にも相当したくらいの
内容でした。終わった後は涙がじわじわ出てきました。
自分の情け無さと、お言葉をいただけた有り難さとが混じり合った涙でした。
先生のお言葉の重さを
今迄聞くことに慣れてしまっていった中で
そこまで深く思えなくなっていたこと。
大切なものに対してどれだけ粗末に扱っていたかということ。
どれだけ先生に甘えていたかということ。
気づけば気づくほど自分のことが嫌いになっていくばかりで
しばらく一人になってしばらく海をぼーっと眺めているか山にこもりたいくらいでした。

セッションを受けさせていただいてから少し日にちが経った今でも、自分を情けないというその思いは変わりません。
でも、そんなことをしている時間はありません。

"落ち込んでいる暇は無いのです。
前に進みなさい"

昔、落ち込んだ私に先生が私にくださったお言葉です。

どんなにいい時でも、どんなに落ちている時でも、仕事をしている時でも、
子供と一緒に居る時でも、
どんな瞬間にでも
ふと脳裏から聞こえてくる先生からのお言葉。
私の体には間違えなく先生のお言葉は染み込んでいると思います。
だから、もっといただいている教えを染み込ませ
「もっともっと実践していけ、私!」
と自分を奮い立たせます。

あれほど言っていただいているにも関わらず、
私は聞かなかったことへの
懺悔をここに書き記し、
自分を晒し、
先生に感謝するなら
自分が変わった姿を見せるよう、
前に進みます。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| こづれづれ日記 |