こづれづれ日記

特Aクラス生になるための条件

ブログを書く手が止まりました。
いつもの私なら落ち込み
時間のロスをしますが、
もうそんな時間は無駄だとわかったので
どんどん書き進んで参ります。

最近の五次元クラスやワークショップでは
特Aクラス生、特Aクラス候補生、五次元クラス生、五次元クラス候補生など
クラス分けがはっきりとではなくても
すでにされてきていることを感じることで、
前に比べて一人一人が
いい意味での緊急感を増していると感じます。
そこから漏れずに自分もその内の一人としております。

私は特Aクラス候補生にもなれていません。
それで、実はこの前に
私は自分が特Aクラス候補生にもなれていないことにショックを受けたと先生に告げました。

先生からは、お知らせの一部を受け持っているからといってそれで特A候補生になれるだろうとか思う気持ちが傲慢だと教えていただきました。
冷静に考えたら先生のおっしゃる通りなのですが、言われたその瞬間はショックでした。
でも先生は私に
このクラス分けの基準というのは
人と比べてどうかではなく、
一人一人それぞれの今迄の人生からよりよく生きていくために
さらなる努力を続けているか、そして自分だけでなく他を思うことができるか、他のために動けるか、というところをみて判断していると、丁寧に、そして具体的な 例をあげて私に分かりやすく教えてくださいました。

…なんとフェアなんだろう…

そして説明をお聞きして思ったことは、特Aクラス生や特Aクラス候補生を指して、この方はすごい。などを語ることだけをして
人ごとだと冷めてみたリ、ひがんだりしないで
先ずは、自分自身の今より上を目指すという気持ちを持って毎日を生活することが大事なんだということでした。

特Aクラス生になるための条件を教えていただく前には
私はどこか頭の中で、
秀でた才能がある者だけが特Aクラス生になれるものと思っていました。
でも特別な才能の有る無しではないことを知り、
私にも、何か希望の光が差してきました。

のちのクラスを受けて、さらに気づけたことがありました。それは
特Aクラス生(そして特Aクラス候補生)は
やはりすべてにおいての心構えが違うと思いました。

前回のブログで書いたように私は息子の振る舞いを間近で見てから、もっと気づけるようになりましたが、
要は心、すべてが心がけ次第なのだとわかり始めております。

傲慢と言われてショックを受けたことからも、私が本当に傲慢だったと今ではわかります。
先生から教えをいただいたことで
これまでわからなかったことがまたもやわかるようになりました。

目の前にはやることが山積みな自分です。
でも変わりたいと思った、そして変わりたいと決めたのは
先生ではなく、
この自分です。
時間がないとか忙しいとか言い訳をしないで
一歩そしてまた一歩と
人と比べた上ではなく、自分の中の上を目指しながら、
ウサギとカメの物語のカメのように、休むことなく進み続けたいと思っています。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

息子のできているところと私のできていないところ

私は鈍感なほうの人間です。
先生から教えていただくまで、そのことさえわかりませんでした。
今でも鈍いところを先生にご指導いただきながら気づくことが多い中、
本当に私は鈍いと思うことが過去においても現在の生活においても
様々なシーンの中であることに気づけるくらいにはなってきたようです。

そのうちの一つをあげますと
先生から息子ができていると言われても、私にはどこができているのか
よくわからないでいました。
わからなかったら聞きなさいとお伝えくださる先生に
いつか伺ってみようと思っていましたが、
私から伺う前に先日のセッションで先生がその答えを教えてくださいました。

それは、例えば息子が先生からミッションを受けてやっていたことの一つ
ハイキングコースを自分の足で完了する。ちなみにそこは起伏の激しいところで
ぬかるみなども多くある、中級コースくらいのコースです。
帰り道、息子は突然足を滑らして転んだので泣いてしまいました。ところが、
先生との約束だったよね。と私が声をかけるとはっとして泣き止み、
もう一度歩き出しました。
こんな場合、いつもなら抱っこを求めてきて絶対に私の腕から降りないようにとしがみつくのですが、この時はピタッと泣き止んで
自分の足ですたすた歩きだしたのです。
転んでも、起き上がり、約束を守るために歩く、歩く、歩く。
そして最後まで歩ききったのでした。
一緒に歩いた息子の父親の方がいきがあがって汗だくになっていたくらいです。

こういうところが息子のできているところだと具体例をあげて
教えていただきました。

息子ではなく、もし私が滑って転んでしまったとしたら、
痛さや恥ずかしさもあって、機嫌が悪くなったり、ぐずぐずしたかもしれません。
こういうところで時間がかかるのだと思いました。
誰しもが感じるであろう
あっという間に過ぎる日々の中、
この時間のロスは重なるほどに大きなロスになることに気づきました。

先生から息子へすごい良く頑張れたよと
またお褒めの言葉をいただき
私はそのお言葉を伝えると、
息子はニコっと極上の笑顔を一瞬しただけで、そのあと調子に乗る気配も無く、すぐに普通の顔になりました。

息子ではなく、もし私が先生にお褒めの言葉をいただけたとしたら、
もっと嬉しい余韻に浸り、何日も褒められたことで気持ちが舞い上がって調子にのってしまうのではと想像し、
ここでも時間をロスするのだなと思いました。

息子と私が違うところは
息子の場合、やると決めたら何が何でもすぐにやること。
そして気持ちの切り替えを早くすること。
この二つが大きく違うことを
先生からセッションでわかりやすく教えていただけたことで
鈍感な私でもわかるようになりました。

先生との個人セッションは
皆さんと一緒に学ぶワークショップや五次元クラスと違い、マンツーマンでのスペシャル個人授業です。
このマンツーマンスペシャル個人授業のおかげで、理解できなかったことが100%理解できました。
このクラスの価値が大きすぎてガクブルになります。
教えを受けたことを実践しなければ
もう終わり、私は変われない。と常に崖っぷちな毎日を意識し、
私ができていないところを認め、
そして切り替えを早め、
こうしてずっとブログを書いて記していくのであります。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

息子のミッション

先日初めて息子と一緒にハワイで有名な滝までのトレイルコースに行きました。

Googleマップを使いながら車でその目的地に到着すると、
何か目の前に見覚えのある建物がありました。
そこは先生方が昔にスピリチュアルコンサートを行なってくださった所だったのでした。
あの日のコンサートを思い出し、そしてここの場所を覚えていなかったので
また来られたことに対し興奮いたしました。
当時、息子はまだ1歳半ばでしたが
あれから5年の歳月が経ち、
息子がこんなにもたくましく成長させていただけていることに
ありがたい気持ちで胸がいっぱいになりました。


息子には今回このトレイルコースで
先生からのミッションがありました。
それは
"滑りやすいところもあるけど
ゴールの滝まで自分で歩く"
というものでした。

ミッションを受けたものの、
すでに6歳になったとはいえ、
車社会で普段あまり歩き慣れていない息子が、大人でも大変だと聞くそのトレイルを
きちんと一人で歩ききれるのか、
途中で「抱っこ〜」と言われやしないかと
私は不安でした。

しかし息子はゴールの滝までと
そしてそこから戻って帰る道も、
別人かと思うほど元気に歩きました。
戻って帰る道の途中で
一度だけ板に滑って尻もちをついた時に、
周りにいた人に見られて恥ずかしかったのか
少し泣いてしまい「抱っこ〜」と言われました。
私は一度抱き上げましたが
その時息子に
「ちゃんと自分で歩くんだったよね?」
と言うと、
ハッとして自ら私の腕から降りて、スタスタとまた歩き始めたのでした。
息子は最後までしっかりと自分の足で歩ききったのでした。
息子は先生からのミッションをしっかりと受け止め、全力でやり遂げたのでした。
これには正直、私はとても驚きました。

トレイルコースの出口を目の前にしたときに、
私は緑いっぱいのなんとも言えず新鮮で清らかな空気を存分に味わながら

「いい匂いだね。ここでいっぱい深呼吸しておこうね。」

と言うと、深呼吸をした息子は

「(It) smell like センセイ😌」

と言ったのでした。私は一瞬考え、

「え?センセイって真由美先生のことを言ったの??」

と聞くと、息子は

「Yes😊」

と即答したのでした。

ミッションを達成した事と
緑の匂いがセンセイだと話した事を先生にご報告しますと
「その緑の匂いを私の匂いと言ってくれるところ、流石!」
とのお言葉をお伝えくださいました。
そしてセッション時には息子が自分の足で最後まで歩いたことに対し、
「さすがだよ」
との息子へのお言葉をいただけたのでした。

セッションが終わった後、
先生がさすがだよとおっしゃってくださったよと息子に伝えると、
息子の顔は徐々に嬉しい気持ちがこみ上げきて、
飛び上がって喜ぶことなどしませんでしたが、
柔らかくほころんだのでした。
その笑顔はまたもや今迄決して親の私が見たことのないものでした。
息子がこんなにも柔らかい笑顔をすることに、私まで柔らかい気持ちになりました。

先生からのミッションを達成した息子は
また大きく進化をしました。
親の私も息子においていかれないように進化していくしか道はないのです。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

息子の敬意の見せ方

本日の5次元クラスの前に
緊急セッションを受けることができました。
セッション中に
先生が息子に電話をかわるようにとおっしゃいました。
電話を私と代わった息子は先生のお話しを聞くなり、

「はい」

「はい」

「はい」

と普段使わない日本語で返事をし、
その姿は粛々
という感じで先生からのお言葉に受け答えをしていました。

本来なら息子に敬意を示し
私がその場から離れるべきだったのですが(息子への敬意が足りていなく恥ずかしいです)、
息子の側にいたことで
ものすごい敬意を先生に示している息子の姿を目の当たりにすることができました。

そして5次元のクラス中に
先生からどういうところが幸せに思えるかを聞かれたとき、
普段決して日本語を話さない息子が
一生懸命に日本語を使い、どんな時に幸せと思うかを先生に話しておりました。
この姿を見て、ハワイ側の皆さんも目を丸くして驚いておりましたが、
親の私でさえも目を丸くして口がしばらく開いたままの状態だったほど驚いたのでした。

紛れもなくこの息子の姿勢は、先生に対する敬意からくるものだとわかりました。

プール遊びという名のスペシャルクラスをいただいたこと、
ワークショップや5次元クラスで
いいエネルギーをたっぷりいただいていることを
息子は私には何も言わないけれど、
息子自身が先生から受けたものをしっかり理解しているのだと確信しました。
いただけたことに対し、それをお渡しくださった先生に絶対的な敬意を持ち、
先生にお返ししたいとその敬意を見せる、これこそ五次元スクールで教えて
いただいている礼節というものだと息子の姿から見ることができました。

敬意とは言葉だけではなく
態度や振る舞いで見せるもの、示していくものだということを、
先生や特Aクラス生のオタッキーさんの他に、
身近にいる息子からも教えてもらえたのでした。
6歳の子供でもできることです。
わからないとか、難しいとかの言い訳はできません。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

世界一のサロン

新たなる夢に向かってほぼ毎日のようにオタッキーさんからトレーニングを
受けている私はどんどん覚醒して腕が上達しています。
質の高い指導者レベルの方に教えていただくと、
自分でも信じられないほどのスピードで上達しているのがわかります。
これは本当に他ではあり得ないことだと思います。

先日、自分のレベルを知るために他のサロンへスキルチェックを受けに行きました。
そこのサロンの中に入って最初に感じたことは、
ざわざわと騒々しいく重い何かが漂う空気感、そして清潔感がないことでした。
受付の前に置かれていた植物は元気がなく、そこにただ置かれたような感じで大事にされていないことが明らかでした。

少し緊急しながらも1時間ほどでスキルチェックが終わりました。
短期間集中して先生とオタッキーさんから世界へで通用するレベルのトレーニングをいただいているおかげ様で、
私はリフレクソロジーを教えてもらって1カ月の超初心者なのに全く初心者扱いをされなかった、どころかまるで長く経験を積んでいると、そこのサロンのオーナーは受け取ってくれて、
私の施術の技術はとても良かったと言われました。
世間一般のサロンのレベルを知って愕然としました。

スキルチェックの後、またオタッキーさんのサロンへトレーニングをいただきに伺いました。
オタッキーさんのサロンに入った瞬間、ほわ〜んと柔らかい空気感、あたたかく、それでいてとても凛とした清潔感を感じました。
サロンの中の植物は生き生きとしているということを緑を育てていない私でも感じました。
サロンの椅子に腰掛けてしばらくすると、私の頭をぎゅっと締め付けていた何かが
じんわりと緩んでいくのを感じました。
スキルチェックを受けにいったそのサロンの気が良くなかったからだと感じました。
他のサロンに行ったからこそわかる、大きな質の差に改めて驚きました。
オタッキーさんのサロンでは
オタッキーさんの高度な施術を受けて癒されるだけではなくて、
サロンの中に入っただけでも、そして座って居るとじーんと癒されていくのです。

トレーニングをいただくことでオタッキーさんへの気持ちだけでなく、サロンに足を踏み入れることにも、
もっと敬意を持つことが必要だと
今一度確認した1日でした。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| こづれづれ日記 |