こづれづれ日記

ドクターブライス効果

笑美さんの最新ブログに書かれている、具合の悪かったジョウさん(笑美さんのご長男)がワークショップ中に先生のドクターブライス効果を受けて元気になったお話。

私はブログ記事を読んで、現在8歳になる息子がまだ1歳だったころ、息子に起こった奇跡を思い出しましたので
その時のことを書きます。

息子はワークショップの数日前から高熱が出てなかなか下がらなかったために、ワークショップ前日に息子を救急病棟へ産まれて初めて連れて行きました。
何時間かかけて解熱剤を投与され、なんとか微熱まで下げてもらい、その日は家に帰りました。
しかし家に帰っても元気になることはなく食欲もありませんでした。
次の日はワークショップだから息子と一緒に絶対に参加したいと思っていた私でしたが、フォローアップの為に、もう一度救急病棟へ行かなければならないアポイントメントの時間とワークショップの時間が重なっていました。
遅刻してでもワークショップへ!と思った私は、救急病院でのフォローアップを終えたその足で急いでワークショップが行われている公園へ車を走らせました。

その道中、今でも忘れられないほどですが、ザーザー降りの雨が強く車を打ちつけました。
ワークショップ会場は屋根が付いた施設などのない公園でした。このような中、現在ワークショップは行われているのだろうか?
と思うほどの雨でした。
しかし公園にだんだん近づいていくと、先ほどの雨がまるで嘘だったかのように止んできて、静かで穏やかになり、公園に到着したときは
曇り空になっていました。

ワークショップ終了まで30分を切っていたと思いますが、驚いたことが起こりました。
前日に救急病棟へ行くほどまでに高熱がでていて、ワークショップ当日にフォローアップに行った時も元気は無く、食欲もなかった1歳児が、
ワークショップに参加するや否や私に寄り掛かることなく一人で座り、そしてお菓子をパクパク食べはじめ、笑顔を取り戻すまでに元気になっていたのでした。

「本当に救急病棟へ行かれたのですか?」

とワークショップに参加されていた方が驚いていましたが、親の私は驚きのあまり目がテンになり口が開いたままで返答もままならず、
元気にお菓子を食べる息子をただただ見つめていたことを覚えています。

その時はドクターブライス効果と呼んではいませんでしたが、振り返ってみますと先生のドクターブライス効果は
今にして始まったわけでは無く、何年も前からありました。

そしてオタッキーさんの最新ブログにもありましたが、あの人と離れてから、どんどんとそのお力は強力になっているのを私も感じていました。


笑美さんの最新ブログの中でジョウさんが
“虹が来てくれた”とか虹が“とんねるみたいにひゅーって”飛んできて具合の悪かったところが治ったと表現されていました。

先生が虹使いと言われている意味が分かったような気がします。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

まだ、マシといえるかも

たまに村上牧師のブログを読んだりすると、まだ偏った見方で事実ではない内容をブログで書きつづける姿勢に
(この人もしつこいなぁ。ここまでくると嘘には嘘を重ねるしかないみたいになって止められないのかなぁ)
という気持ちと
(歴然とした事実がたくさん出てきているのでこの人の言葉を信じる人はいないだろうなぁ。)
と牧師のことを心配してしまう気持ちさえ生まれています。


先日先生にマッサージをやらせていただいたときのことです。

「牧師のように自分のブログの中で名前を明かして堂々と書き続ける姿勢は、ある意味潔いですよね。名前を出さずに嫌がらせをしてくる人たちよりは
よっぽどマシ。」

と先生はおっしゃいました。私は

え?先生のことを悪く書き続けているあの村上牧師が先生から褒められている?!
このことを村上牧師に伝えたい!!!!


という衝動に駆られました(笑)

先生のお言葉から
自分の名前を出さずに嫌がらせ、そしてなりすましサイトを作り、他にも掲示板を使って嫌がらせをする人たちに比べて、
自分の名前と顔写真まで載せて書いている村上牧師の方が少しはまともなのかもしれないと思いました。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

絵文字だけのコメント

先生のブログ、そしてオタッキーさんまりなさん笑美さんのブログなど
慢心なあの方のことを書いた人のコメント欄に

😜

の絵文字だけがついていました。漏れることなく私のところにもきました。

シャーマンのことを書いた人たち全員に送られていることから、相手が自分のことを
なんと書かれているかと血眼になり探しているのでしょう。

私のブログについてですと、シャーマンのおかしな行動のあれこれを脚色なく書いている記事ですが、
多い時には一日に63回もブログをチェックしていたという記録があります。

シャーマンは五次元スクールや先生を攻撃するなりすましサイトを作ったり、肉まんで食中毒になったとか
世間の人まで巻き込んで混乱させるような嘘の書き込みまでしています。
そして最近ではシャーマンとお手伝いの人は住所や電話番号などの個人情報をアダルトサイトに投稿するという
罪まで犯しています。
上記のように、シャーマンとそのお手伝いはありとあらゆる嫌がらせをやってきていますが、
私たちは、黙るどころか決して屈することなく立ち向かっています。

そのような中、今回はブログのコメント欄に😜の絵文字を一つだけ。

このやり方、新しいなぁ
と思いましたが、同時に
もうネタが無い?
とも思いました。


絵文字一つだけをコメントに載せることは、ひょっとして日本語を書けないあの方が、
とうとう直接にemojiをセレクトとしてコメント欄に投稿したかもしれないと思い


ついにラスボスが登場か!!!???



と少し興奮しましたが、まだ使えるお手伝いにやらせているかも、と少し冷静になりました。


かれこれ嫌がらせを始めて一年以上経つので、お手伝いさんもこれ以上犯罪に手を染めるのは嫌になる頃では
ありませんか?
シャーマンに反論できない人が嫌々ながらお手伝いを続けているのかもしれませんが、手伝いとはいえ、これも完全なる罪だと
思います。

相変わらず、自分の名前も出さなきゃ、自分の手も汚さないで嫌がらせをしてくる汚いやり方。
そんなことをシャーマンと言う立場にあった人がやるなんて悲しくもなります。
そして五次元スクールから出ている「しらないとこわいぞう」の絵本の中のサイよりタチが悪いと呆れもします。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

人生初の一位

普段あまりブログランキングなどを見ない私ですが、先日ブログをアップしたので
どのくらい閲覧数がアップしているのかブログランキングをチェックしてみました。

す、すると、信じられないことにFC2ブログの
絵日記というジャンルのランキング一位をとっていましたぁ♪───O(≧∇≦)O────♪

これまでの人生で、
学校でも、部活でも、そして社会人になっても一位なんてとったことの無い私が、
FC2ブログの一位を取るなんて。。。


シンジラレマセン(((o(*゚▽゚*)o)))♡


嬉しすぎて、写メをとってしまいました♪( ´▽`)


IMG_9202.jpg


これもひとえに私のブログを読んでくださる皆様のおかげでございますm(_ _)m
別窓 | Category: None | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

次から次へと出てくるシャーマンの汚さ

私や私以外の方にもシャーマンのことを書いたブログ記事への削除依頼が来ていましたが、こちらからは削除の依頼には応じられない理由と共に
削除依頼をしてきた人の身元を調べていただきたいと送ったら、削除依頼がぱったりと来なくなったのでした。
このことから、記事の削除を依頼してきた人は、なりすましサイトや嫌がらせサイトを作った本人かその関係者である確率が
限りなく高くなったと思います。
身元がバレたら困るので実名で訴えてくることができない証だと思いました。

私は、クライアントと先生の間で連絡の橋渡しをさせていただいている関係上クライアントからいろいろお話を聞く機会があり、
それで知ることとなった事実を今回は書きます。
あのシャーマンと真由美先生がお二人ご一緒に個人クラスをされていた頃のことです。

クラスを受け終わられた方たちとのやりとりをしていて気づいたのですが、どういうわけかたくさんの人が
ヨガのインストラクターの資格を取るように勧められていました。それからハワイに住むことも熱心に勧められていました。

そのクライアントからは、特別ヨガをやりたいと思っていたわけでもなく、何が何でもハワイに住みたいと思っていたわけでもないと聞いたことがあったので、
なぜ、ヨガのインストラクターになることやハワイに住むことをみなさんにお伝えされておられるのだろうかと思うことがありました。

ずいぶん経ってからでしたが真由美先生へ理由をお尋ねしたことがありました。
すると、やはり私が思っていた通り、ヨガのインストラクターの資格をとることもハワイへ住むように進めることも、真由美先生の意向ではなかったと知りました。
むしろ真由美先生は、シャーマンから「ハワイに住んだらいい」と簡単そうにクライアントへ言う言葉を聞いて、その気になっていくクライアントさんに対して、「ハワイに移住するのはそんなに簡単なことではない」「相当な覚悟と根性が必要だと思う」と説明されていたそうです。
実際にそれを体験した生徒のおひとりから、先生がおっしゃっていた通りのことを聞いたこともあります。
ハワイ移住を勧められたというその人によると、クラス中にシャーマンがハワイに住む話を何度か持ち出してきたとき、真由美先生が
あまりプレッシャーをかけるような言い方をされない方がよいのでは、とシャーマンを止めようとするとシャーマンはものすごい剣幕で真由美先生に向かって怒鳴りだしたのでびっくりされたと。そしてとても怖かったと言っておられました。
他にもハワイ移住を勧められた人へ真由美先生からは、「ハワイに住むのは言葉の問題もあるし、物価も高いし、そんなに簡単なことではないですよ。」と何度も言われたと共通して聞いていたので、
私は、なるほど!と合点がいったのでした。
真由美先生は、シャーマンとクライアントとの間に入って、シャーマンの強い言葉を受けて下さっていたのだとわかります。
クライアントの中には、シャーマンと先生がいつも喧嘩していた。という印象を持っていたと聞くことがあったのですが、
それは真由美先生が間で盾となってクライアントに無理難題を言ってくるシャーマンを止めて下さっていたのだとわかります。

真由美先生は多くを語られることはありませんでしたが、今こうして、シャーマンがやっている汚い嫌がらせを見れば、
これまでシャーマンをどれだけ庇っていらしたのかが一目瞭然です。
真由美先生はシャーマンに対して術師として多大な敬意を徹底して持たれていました。
この真由美先生の敬意の持たれ方は今思い返しても半端なかったと思います。

こんなにも真由美先生が敬意を持たれていたのに、そして敬意を持たれていることを私たちにも示されていたのに、
それでもまだ真由美先生の自分に対する敬意が足りないと、私にまで話していたシャーマン。

こんなにもシャーマンをかばい敬意を示された人はこの世の中に真由美先生ただ一人だったと
私は今でも思うのです。

私が書いた今回のブログ記事の特に最後のところを、シャーマンのお手伝いの人が自分の嫉妬の色をいれないできちんと
間違いの無い英語に訳してシャーマンへ伝えてくれることを切に願っております。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| こづれづれ日記 |