こづれづれ日記

息子とめくりめく日めくりカレンダー

先生が心を込めてくださっているもの、言い換えれば魔法をかけてくださっているものといい、
すぐに挙げられるのがめくりめく日めくりカレンダーであります。

2カ月以上にわたる長い夏休みが終わり
新学期初日を迎えた今朝、

「ママ!カレンダー!!」

と言い、いつもよりも早い時間に
先生がお作りになられためくりめく日めくりカレンダーを息子自らがめくりました。

息子が早くめくりたくてしょうがないといういつもと明らかに違うこの行動から、
新学期初日を迎え学校に行くことが緊張と不安でいっぱいだったのだと気づきました。
そしてカレンダーを読んで、この緊張や不安を早く消したかったように見えました。

先生のカレンダーをめくり、どんな種類の言葉であっても
毎日 REAL MASTER が語りかけてくださるという事、これが心の拠り所になっているのだということ
息子を見てわかりました。

そして先生が心を込めてつくってくださっているこのカレンダーに
先生の魔法が確実にかかっていることを確信した瞬間を見ました。
それは今朝カレンダーを読んだ後、息子は緊張と不安でたまらない新しいクラスへ行く勇気を得たように
急に元気になったからです。


新学期初日を終え家に帰ってきた息子に、
カレンダーは息子にとってどんなものかと直接聞いてみました。

カレンダーは
自分をどんどん賢くしてくれて、
どんどん高いレベルに上げてくれる
と7歳の新小学2年生になった息子は話しくれました。

正直、こんな言葉を小学2年生になったばかりの我が子が口にする日が来るとは想像もしておりませんでした。
母親として嬉しすぎる瞬間でした。ありがたいことです。
先生のお力のおかげで、私たち二人共が幸せな毎日を送れていることを忘れず
学年が替わった新しい生活を戒めながらまた始めて参ります。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<息子の家庭教師は? | こづれづれ日記 | 魔法のフルーツ効果 その後>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こづれづれ日記 |