FC2ブログ

こづれづれ日記

息子は覚えていました!

私は2015年7月に「泣く子も黙る」というブログと2018年今年の4月に「泣く子も黙る 秘話」というブログを書きました。

このブログで泣いていた子である息子は、早いもので8歳になりました。

ふと思い立って先日、ブログに書いた時のこと、
真由美先生が「3、2、1…」とギャン泣きしていた息子に言った瞬間にピタッと泣き止んだこと
を息子本人が覚えているかどうかを聞いてみました。

年月がだいぶ経っているので、内心もう忘れてしまったかなと思いながらも聞いてみたのですが、
息子は「覚えているよ!僕が5歳の時のことでしょ😊」
と即答しました。

あの時になぜ、ピタっと泣き止んだのか教えて欲しいと私が尋ねると、
息子は次のように語りました。


「僕が泣いている時に真由美先生が話しかけてくれたら、 このくらいの(と言って息子は胸の高さに腕を上げて両手を広げて床までと腕を使って表現してくれました) whole bunch of ホワイトのスパークリングな空気が現れて
真由美先生が『3、2、1…』と言ったら、そのホワイトのスパークリングなものが僕の足の方から上がってきて、目や鼻に入ってきて、
それがブロックしたから泣き止んだの😊」


当時のことを鮮明に思い出してか、息子は身振り手振りをつけて目を輝かせながら興奮気味に話してくれました。

私からはいつのことだとか全く言わなかったのに、
息子自らが5歳の時と言ったこと、そして、これまで私からは聞いたことがなかったので全然わからなかったのですが、
息子は真由美先生の魔法をしっかり目で見えていたことにビックリしました。

真由美先生は本当に魔法を使っているということは、息子がイキイキとその当時の様子を語る姿からも改めて確信しました。


そしてまた書きますが、あの時真由美先生の魔法を見て、シャーマンと言われていた人は
「俺は、何も見ていない」
と言って逃げるようにその場から居なくなったことも鮮やかに蘇ってきました。
これは何度思い出しても笑えます。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<予言邪念 | こづれづれ日記 | 納得>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こづれづれ日記 |