こづれづれ日記

忘れない

先生は起こった奇跡を常に新鮮に保つよう、忘れないように心掛けをされているとお聞きしました。

「人は忘れやすいもの」

先生は私たちにそれでも忘れないようにするコツを
ワークショップで教えてくださいました。

しかし私はコツを教えていただいても
ポーンとそのコツをも突然忘れてしまうことがあります。
この忘れてしまうという自分の弱点を直すよう努力中です。


どうして私は先生からコツを教えていただいても忘れてしまうのだろうと考えていた時に、
小さい頃の自分を思い出しました。


私は小さい頃に辛い現実を見えなくする為に
その辛い事を忘れる技を自ら覚えました。
大げさなようですが、この技が出来たから大人になるまで生きてこられたのかもしれません。

その技というのは
母からの言葉、兄からの言葉や態度で傷つき辛いことがあっても、
その思いを家族や親戚含め誰にも言えないので
ぐっとその思いを心の中にしまったのですが、
心にしまったことをずっと覚えていたらもっと辛くなるだけだったので、
心にしまった辛いことは無かったことにして忘れていくというものでした。
そして小学生の時に
「笑う門には福来たる」
という言葉を覚えた私は、常に笑っていればいいんだ、そうすればきっと良い事が来るんだと思い、
どんなに辛いことがあっても
心の中にしまった辛い思いを忘れさせるほどに笑顔を作って、
自分自身の心をどんどん麻痺させて生きていました。

今になって思えば
子供時代に家族と毎日生活する中で、
私が家族から可愛がられていないこと、
精神的虐待を受けていたことに
気づかないまでに自分自身を麻痺させたことは
普通に考えてその行為自体がおかしいし、私は完全におかしくなっていたのだと自覚ができます。

大人になってからですが
ある日兄から
「お前ってほんと、バカだよな」
と言われました。
その時は内心
「バカな人からバカって言われたくない」
と思いながら
私は兄に対し何も言い返しをしませんでした。
でも今私はこのことを思い出すと
ものすごく悔しいのです。
なぜかというと、私は小さい頃に兄から性的虐待を受けたことがあるのです。
そのことさえも心の中の引き出しの奥の奥深くに入れて、完全に封印していました。
辛すぎることだから忘れようとしていました。
そして実際に忘れていました。
自ら取得した忘れる技を使って何も無かったことにして私は生きていたのです。
でも兄は覚えていたはずと思います。
人をバカにするしかできない人から私は傷つけられ
直接バカと言われてもピンとこなかった私は
本当に悔しいけど兄が言った通りのバカだった思います。

このような辛い現実は先生に繋がれるまで決して思い出すこと、気づくことはありませんでした。
先生はなかなか自分自身のことに気づけない私に
五次元スクール、ワークショップやお電話セッション、そして人のふり見て我がふり直せというように人の例を見せてくださるなどのいろいろな形で
私が気づけるよう教えをくださいました。
先生に繋がれた奇跡から今も現在進行形で
自分の過去を思い出すことによって、
気づいていくこと、私の深い根っこの膿を剥がしていくことをずっとしております。
それをすることで生きていることを幸せに思えるようになってきています。
この兄からされた辛いことを思い出すのに
先生と繋がれて何年かかったか・・・。
自分に起こったことなのに思い出すまで本当に時間がかかりました。
そのくらい私の麻痺はすごかったと思います。
しかし先生はこんな私に何年も何年もかけて教えをくださいました。
この作業をしないと本当の幸せにはなれないのだと自ら経験しながら思います。

私は辛いことを思い出したのでその時はなんとも言えない衝撃が自分の中でありましたが、
悪いことをされたことを忘れてその事実に気づけずにいたら、私は真の意味での幸せにはとうてい辿り着けなかったと確信します。
先生に繋がることにより気づくことができた私は本当に救われた、幸せだと心からありがたいと思っています。

私の麻痺はまだ完全には治っていません。
まだ狂っているところがあると思います。
今迄も何度か私はもう大丈夫、もう正常と勘違いして思ってしまうことがあったのですが、
今ではまだ私は完全には麻痺から治っていないと
素直に納得できるようになりました。

父と兄は健在ですが私はこの人たちともう会うつもりはありません。
この人たちから私はとことんなめられてバカにされました。
そのせいでまだおかしくなってしまっている分を回復させて
昔の自分とは全く違う自分になることで虐待をした兄とそれを知りながら何もすることがなかった父を
必ず見返したいと思います。
私はこの人たちとは違う道を選び幸せになると決めました。
先生の元、正しいことを勉強させていただきます。


最後になりますが
忘という漢字は
心に亡と書くのですね。
自分の意思で心をなくすという漢字の意味があるようです。
これからは自分の意思で心をなくさぬよう
心を育む勉強を息子と共に五次元スクールで一生させていただきます。

心を学ばせていただける学校を本当にありがとうございます。
私は幸せに生きる道を教えていただけてただただありがたいです。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<宇宙の法則 | こづれづれ日記 | 私がいま一番コワイこと>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こづれづれ日記 |