FC2ブログ

こづれづれ日記

カルマ版必死のパッチから思うこと

2016年、先生を追っかKの旅を終えました。

今年もたくさんの事があり、そこからまたたくさんのことを学びました。
一度にまとめきれないので
まとめられた順に書かせていただきます。


先生がブログに書かれていた
「必死のパッチ」

この必死のパッチを
私は2日間アマミツバキツアーで、体感しました。
そのことを書かせていただきます。


私がクロコリーダを任命されたその2日間は今現在終わってからだいぶ日にちが経っておりますが、
その時自分が何をしたかの全てを覚えていません。
思い出せたことは、気づいたらスッピンでいたほど化粧をする暇も余裕もなく、次から次へと起こることにその場で対応して(ジャグリングの世界)、その先そしてまたそのもう少し先まで考えて次のことに備えて、頭の中ぐるぐると常にいろいろな事を考えていて、そして気づいたらそばに息子が居なくてかなり焦ったことなどです。
息子は他の人たちと楽しそうに交流をしていました。
たった4日間のツアー中に息子は私から離れても全く平気になりました。
私から離れることができず人見知りが強かったところが改善されてとても積極的な性格に生まれ変わりました。
ありえない変化でした。

改めて皆さまには息子とたくさん遊んでいただいたこと、心よりありがたく御礼を申し上げます(これはまた別の機会にブログをかきたいです)。

このようにクロコリーダーの2日間、私は間違いなく必死という状況を体験できたと思います。

2日間終わった後、ありえないほどに他の方から感謝されたり御礼を言われ、私にはなぜにそうおっしゃっていただけるのか、全く不思議でならないほどでした。
なぜなら自分のしたことをあまり覚えていないからなのです。
これは大げさな話ではなく、何か別の存在が私の中に入ったとしか思えないのです。
ワークショップ中に息子にも同じようなことが起こりましたが(これもまた別の機会でかきたいです)、先生方と繋がれた私たちは、やはり見えていないからとかく忘れがちだと思うのですが、こうして毎日、すごく大きな見えないところに繋がらせていただいているのだということを痛感しました。

そしてたったの2日間だけでしたが
先生のされていらっしゃるお忙しい毎日とはこのような感じなのかと擬似体験をした気持ちです。
私にとり2日でいっぱいいっぱいでしたが、
先生は私たちのこと、先生のご家族のこと、先生ご自身のことなどでもっともっと毎日をお忙しくされていると思ったら、もう本当に先生というお方の大きさ、御心、お力の全てがすごすぎてありえなさ過ぎる思うのです。

私は日常に戻った今でも
この時に擬似体験したこと、つまり先生というお方が私が体感した以上に毎日お忙しくされていらっしゃるのだということが頭から離れません。
そのくらい衝撃が大きく今でもおります。

先生に繋がれた私たち一人一人は
このような方から御心をそして学びを受けているということを
もっと意識すべきだと思います。
そして毎日、もっと先生からの教えを意識して生活していくべきと思います。


決して忘れてはならないことをたくさん学んだ追っかKの旅のこと、
今後もまだまだ書かせていただきます。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<2016年4月のショックな出来事 | こづれづれ日記 | 五次元クラス by Skype >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こづれづれ日記 |