こづれづれ日記

息子のミッション

先日初めて息子と一緒にハワイで有名な滝までのトレイルコースに行きました。

Googleマップを使いながら車でその目的地に到着すると、
何か目の前に見覚えのある建物がありました。
そこは先生方が昔にスピリチュアルコンサートを行なってくださった所だったのでした。
あの日のコンサートを思い出し、そしてここの場所を覚えていなかったので
また来られたことに対し興奮いたしました。
当時、息子はまだ1歳半ばでしたが
あれから5年の歳月が経ち、
息子がこんなにもたくましく成長させていただけていることに
ありがたい気持ちで胸がいっぱいになりました。


息子には今回このトレイルコースで
先生からのミッションがありました。
それは
"滑りやすいところもあるけど
ゴールの滝まで自分で歩く"
というものでした。

ミッションを受けたものの、
すでに6歳になったとはいえ、
車社会で普段あまり歩き慣れていない息子が、大人でも大変だと聞くそのトレイルを
きちんと一人で歩ききれるのか、
途中で「抱っこ〜」と言われやしないかと
私は不安でした。

しかし息子はゴールの滝までと
そしてそこから戻って帰る道も、
別人かと思うほど元気に歩きました。
戻って帰る道の途中で
一度だけ板に滑って尻もちをついた時に、
周りにいた人に見られて恥ずかしかったのか
少し泣いてしまい「抱っこ〜」と言われました。
私は一度抱き上げましたが
その時息子に
「ちゃんと自分で歩くんだったよね?」
と言うと、
ハッとして自ら私の腕から降りて、スタスタとまた歩き始めたのでした。
息子は最後までしっかりと自分の足で歩ききったのでした。
息子は先生からのミッションをしっかりと受け止め、全力でやり遂げたのでした。
これには正直、私はとても驚きました。

トレイルコースの出口を目の前にしたときに、
私は緑いっぱいのなんとも言えず新鮮で清らかな空気を存分に味わながら

「いい匂いだね。ここでいっぱい深呼吸しておこうね。」

と言うと、深呼吸をした息子は

「(It) smell like センセイ😌」

と言ったのでした。私は一瞬考え、

「え?センセイって真由美先生のことを言ったの??」

と聞くと、息子は

「Yes😊」

と即答したのでした。

ミッションを達成した事と
緑の匂いがセンセイだと話した事を先生にご報告しますと
「その緑の匂いを私の匂いと言ってくれるところ、流石!」
とのお言葉をお伝えくださいました。
そしてセッション時には息子が自分の足で最後まで歩いたことに対し、
「さすがだよ」
との息子へのお言葉をいただけたのでした。

セッションが終わった後、
先生がさすがだよとおっしゃってくださったよと息子に伝えると、
息子の顔は徐々に嬉しい気持ちがこみ上げきて、
飛び上がって喜ぶことなどしませんでしたが、
柔らかくほころんだのでした。
その笑顔はまたもや今迄決して親の私が見たことのないものでした。
息子がこんなにも柔らかい笑顔をすることに、私まで柔らかい気持ちになりました。

先生からのミッションを達成した息子は
また大きく進化をしました。
親の私も息子においていかれないように進化していくしか道はないのです。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<息子のできているところと私のできていないところ | こづれづれ日記 | 息子の敬意の見せ方>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こづれづれ日記 |