FC2ブログ

こづれづれ日記

お水やりを経験して 序論

先生がお留守の11日間、 
お知らせ組は先生のご自宅の植物や庭のお水やりをするという機会に恵まれました。 
私は5回ほどやらせていただきました。
この経験から感じたことを ここに記したいと思います。 

お水やりというのをよく知らない私でしたので 
先生がお留守をされる前に、 
毎日お水やりをされるという朝の時間帯にご自宅へ伺い 
そのやり方を教えていただきました。 
そこでとても驚いたことがありました。 
それは先生のご自宅にある植物の種類の多さ、 
芝生に与える水量の多さ、 
そしてお水やりにかかった時間の長さでした。 

先生が緑をお好きなことは存じ上げていたつもりでしたが、 
実際にその種類の多さを見て、こんなにもたくさんの種類をお育てになられているという驚きの思いと 
どんな小さな植物でも小さな鉢に植えられて大切にされているのを拝見し、私は感動しました。 
その中でも特に、ご子息が高校生の時に先生へプレゼントされた植物を今も大事にされていることに 
大きな感動をいたしました。 
このような先生のお優しい心に触れ
自分も先生のような母親になりたいと憧れをいだきました。 

そして芝生というものが、 
とても根っこが深いものだということに驚きました。 
お水をたっぷりと与えなければ根っこに水が届かないことを教えていただきましたが、 
それはびっくりするほどの時間と水量が必要でした。 

この日先生のご自宅の植物やお庭のお水やりを教えていただいたお時間は、 
気がつくと5時間を越えていました。 
ご指導いただきながらのお水やりとは言え、 
先生が普通にお水やりをされたら4時間はかかると伺いました。 
この長い時間を365日休むことなく毎日かけて先生はお水やりをされていること。 
先生のお住いのエリアでは、住人の誰一人として自らお水やりをされているのをみかけることはありませんでしたが、 
先生は欠かすことなく、ご自身が毎日毎日お水やりをされていること。 
この約5時間の中で知らなかったことを一気に知ることとなり、 
私は様々な衝撃を受けました。

次回はお水やりを経験して知った様々な衝撃を書いていきます。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<お水やりを経験して 前編 | こづれづれ日記 | 他を思うこと>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こづれづれ日記 |