FC2ブログ

こづれづれ日記

無意識でする失礼の怖さ

自分で気づかない失礼をたくさんしていていることを、
先生から具体的なところを教えていただかないとわからなかった自分。

どうしてそんな自分になってしまうのかを考えました。

自己分析した結果、
先生から自分の気をつけるべきことをその都度言われなくなると、
戒めることを忘れてしまうこと。
そして本当にお情けからなのに 、少しでも優しくしていただくと、
緊張の糸が緩んでしまうのだと思いました。

五次元スクールの特A候補生になれたことで私は調子に乗りました。
自分のことで必死になり
相手を思いやる、周りに配慮することができていませんでした。
自分の中にある、変えなければいけないところのひとつは全くできていません。
先生はできているところも褒めてくださいますので、私はそちらに気をとられ
調子に乗っていました。
直すようにと注意をいただいたところは都合よく忘れていました。
これをエゴだというのだと教えてもいただきました。

無意識というところでたくさんの失礼をしています。
調子に乗っているということも気がついていませんでした。

無意識の怖さ。

普段からどれだけ気をつけて生活しなければならないのかを
今回の自分の大失態で嫌というほど思い知りました。
五次元スクールの特A候補生から落ちました。
落ちるのはほんの一瞬だと、何度も先生がクラスでおっしゃられていた意味が
身をもって体験してわかりました。

自分が情け無いし
悔しいし。
考えれば考えるほど
許されない失礼をしていたことに気づけば気づくほど
どこまで私は自覚が足りていないのだろうかと途方にくれます。
落ち込んでる暇はないと言われました。
本当に落ち込むどころでは無いのですが、
自分の失礼さ加減を気づいた今、身体が固まって動けないくらいです。

どんな失礼の数々をしてしまっているのか、振り返ることが怖い気持ちもありますが
しっかりと自分の嫌な癖にも気づいて直していきたいです。
失礼をしてしまったことに対しては、しっかりとお詫びをしていくことからしか、他に私が前に進んでいける方法はありません。
また振り出しに戻りました。
今度は踏み出す最初の一歩を間違えずにいきたいです。
スポンサーサイト
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<わかるようになってきたこと | こづれづれ日記 | 半端ない緊張感の五次元スクール>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こづれづれ日記 |