こづれづれ日記

エネルギーの影響

毎週先生からマッサージのコツを教えていただくクラスをいただいております中、今日のクラスで大きなことに気付きました。
驚いたことに先生の腰の周りが一週間前の状態と比べ物にならないほど違っていたのでした。

少しずつほぐれてきていた先生の背中全体が、固く張っておりました。
足の裏も珍しく毒素が溜まってジャリジャリと老廃物が溜まっている状態でした。
本当に、先生の足が別の人の足かと思うほどでした。

どうしてそのように急激に先生のお身体の状態が悪くなったのか。
その訳は、腰の具合を相当悪くして歩くことが困難だった方の個人クラスをされたからとわかりました。
その方は仕事を何週間もお休みしていたそうで、酷い時には家の中をはいずり回って最低限の動きをすることしかできなかったと聞きました。

その方はたった一回の個人クラスで、なんと背筋を伸ばして歩けるようにまでなったのでした!

では、どうしてたった一回のクラスで歩けるようになったのでしょうか。

それは進化を続けている先生の強力なエネルギーの作用としか思えません。


私はマイナスのエネルギーをくらって具合が悪くなったという話を以前にも聞いたことがありましたが、どのくらい具合が悪くなるのかということを具体的には想像もつきませんでした。
しかし、クラスから2日経ってから本日、実際に先生のマッサージをやらせていただいたときに
マイナスのエネルギーをくらう事で起こる体の変化を手や指で触って、そして目にも見えて、はっきりと知る事ができました。
確実に人間である先生の身体が大きく蝕まれていることに驚きを隠せませんでした。

とても不思議なのですが先生の側におりますと、いいエネルギーを受けるからか元気になります。

私自身も五次元スクールやワークショップへ参加する事、そして今日も先生のマッサージをやらせていただく事で、私の身体はとても元気になっています。
7歳の息子は昼寝などする年齢ではないのに、ワークショップという名のクラスでは1時間以上もぐっすりと穏やかな表情で寝ています。そしてクラス後に息子は、普段と見違える程に活き活きと元気になってしまうのです。
これがエネルギーチャージを受けたということなのだと思います。

先生はあまりご自身のことを仰らないのですが、私たちが元気になることと引き換えに
私たちのマイナスなエネルギーを確実に先生の身体にも大きく受けていることが今日のマッサージクラスで自分の目と手と指でわかりました。

マイナスのエネルギーを受けたら身体がどうなるかというのを私は先生から見せてもらうこともできて、ものすごいクラスを
いただきました。

先生が身体を犠牲にしてマイナスエネルギーを受けて下さっていることに見合うことをしていかなければ、本当に合わないと心から思いました。

今日のクラスでは「マイナスのエネルギーの影響」というのを自分の目で確かに見たので、自分の中で漠然としていた見えない世界のことが
少しくらいはわかってきたと思います。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

私にも不思議なことが起こった!

先生にマッサージのクラスをいただいたある日のことです。

クラスをいただいた帰り際に先生が
「今日は、破壊のエネルギーを感じる日です。」
と仰いました。
私は意味がよく分からず
「破壊、ですか???」
と質問をしてしまいました。
先生は破壊のエネルギーがものすごく出ているんですと教えてくださいました。

破壊のエネルギーとは何だろう?と思いながら先生のご自宅を後にし、
そのままの足で息子を学校へ迎えに行きました。
するとアフタースクールケアをしているYMCA のスタッフの一人が
「今日、子どもたちは木の下に死んでいた鳥を見ました。ショックを受けたかもしれないので念のためにお伝えしておきます。」
と私に言いました。

息子に聞いてみると、その死んでいた鳥は胴体だけで、頭が無かったと教えてくれました。

頭が無い
死んだ鳥?

…破壊!?


それからその日の夜遅く、近所で大人が激しい罵り合いをしている声を聞きました。
それはこれまでに聞いたことがない大きな声で激しく言い争っている大人二人の声でした。


罵り合い?

破壊!!



エネルギーとかいうものに鈍感な私ですが、先生からクラスをいただき先生のお近くに居させてもらえる時間が
増えていることで、何かが少し感じられるようになっています。
今日は、確実に「破壊」というキーワードに関係した何かが起こっていることがわかりました。
とても不思議なことですが、先生からお聞きしたその日に起こった事実です。

鈍感な私にでも、そういう見えない世界が見えるという不思議なことが起こったことに
驚いています。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

五次元スクールに通える幸せ

先日の五次元クラス時のことです。

ミツバチ組のブログにも書いてもらっていますが、
アトピーの腕をきれいにしてもらったのが私の息子でした。

先生は息子がマイナスをおびた過酷な環境の中でも頑張っているからということで、子供クラスが始まるぎりぎり前の時間に
息子のアトピーで炎症をおこし酷くなっていた腕からマイナスを払うという施術をしてくださり、その後赤みが無くなってしまったことを
全てのクラスが終了した後でポッポ2号さんが少し興奮気味に話してくれました。

息子と私は子どもクラスと大人クラスにそれぞれ分かれて参加しているので施術をいただいたときに私は息子の側に居なかったのでしたが、
明らかにクラス前より息子の腕の赤みがひいているのをみてわかりました。
私は驚きと、感動と、先生の慈悲に満ちた御心、畏れ多さ、いろいろな気持ちが一気に胸に溢れました。

クラス前日の夜、息子がアトピーのため体中を痒がってつらそうにしていた時、私は息子に「明日は先生に会えるからうれしいね」と言うと、
息子は声を出さずにうんうんと頷きました。
それを見て息子はひそかに先生に会えることをずっと心待ちにしていたことがわかりました。
そしてクラス後、息子は先生に会えたことを心から嬉しかったという気持ちがあふれ出た笑顔をしていました。オタッキーさんとクラス中に少し遊んでいただけたこと、ポッポ2号さんと遊んでもらえたこと、他の生徒さんとお会いできたことを含めて
「I am a super lucky boy!!」と言っておりました。

五次元スクールに行ったら身体が楽になることを息子自身がよくわかっていることを私は知りました。

クラスの翌日の朝、ピョンピョンと跳ね回るほど元気になった息子を見て
クラス前と違って見違えるほど元気になったこと、あんなに酷かったアトピーの赤みが消えてしまうなんてすごいことだなぁと思っていたとき、
ふと自分の指に目がいきました。
湿疹で赤みがあり皮もむけてガサガサだった私の指は赤みがひいており、皮が再生され滑らかになっておりました。
大きなものをいただいたのは、
息子だけではありませんでした。

先生にお会いできるとこのように本来なら起こりえないようなこと、例えば病気が治ったとか、改善したということもよく聞きます。
本当に不思議だけどまぎれもない事実であります。
これは決して当たり前ではないということで、私たちの身体の不調が楽になる=先生が私たちのマイナスを取ってくださっているということを、
ようやく私はわかりはじめてきました。

息子も言っておりましたが、私も五次元スクールに通えることをスーパーラッキーなことだと思っています。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

新たな夢

現在私は先生にマッサージのクラスをいただいております。
ご指導を私がいただいているというのに先生は私にマッサージをした事に対してチップやセージなどのお気遣いをくださるのです。
前回のブログ(謙虚な高い人格者)に自分の思いを書きましたが、こういうお気遣いに私は本当にどうしていいのかわかりません。


マッサージをやらせていただいたある日、先生の背中や腰にコリを見つけました。
固いそれは軟骨?と思うほどでした。
長年休む事無く動き続けていることから蓄積されていた大きな腰のコリを見つけたとき、思わず
「私がもしこのコリを持っていたら痛くてたまらず、もっと腰が痛いという仕草を自然にするだろうし、ずっと寝たきりになると思うのですが」
と本音を言ってしまいました。
すると先生は『痛みを散らす』ということができるから、長年それをして生活をしていると仰ったのです。
痛みを散らすって?と心で思った私をキャッチしてくださったのか、先生は
「では、そのコリを散らすことを実際やってみますね」
と仰いました。
先生の背中のコリを自分の指で確認していたのですが、ほんの数秒でそのコリが先生の体の奥に沈んで行き、無くなってしまったのです!!

「え゛゛゛゛っ?!?!?!」

私は驚きのあまり変な声をあげてしまいました。
そしてしばらくすると先生の背中のコリはまた元の場所に戻っておりました。。。

こうして『痛みを散らす』ことができるというのは普通の人にはできないことだと思いますが、
これは決して『痛みが消えた』というわけではないのです。


先生は体の痛みや心の痛みが存在していても、意識を使ってまるで消すかのように痛みを散らされているそうです。
それをしているから起床時に腰が痛くても起き上がれるし、クラスを長時間こなす事ができるし、あのペルーツアーにも、
その後すぐのジャパンツアーにも行かれることができたのです。
それを聞いた時、どれだけ我慢強いのだろう、どれだけご自身が「やる。」と言った約束事を守られるのだろうかと思いました。
同時にずっと体も心も癒えていない状態が続いたままで、今も忙しい毎日をこなされているのだと思いました。
今回私はマッサージをやらせていただき、先生の体がとても傷ついているという事実がわかりました。

以前ジャパンツアー時に先生がオーラ写真を撮られ、私たちはクラス後に先生のオーラを見る機会がありました。
そのオーラの映像から、先生の心がとても傷ついている事実をはっきりと目で見てわかりました。


先生が痛いという事を言わないから、傷つけられたことに対して怒りを表したりしないから、何を言っても平気なのだと思い、
平気で先生を傷つけたり意地悪をする人がいること。そして意地悪をしている人のひとりが誰であるかを私は知っています。
しかし、先生がおっしゃらないので私も言いません。
声に出さなくとも因果応報の世界ですから、その人にはやったことが返るだけだと思います。

どんなに凄いという人でも、油断すると一瞬で落ちていくということを目の当たりにして、正直ショックもありましたが、
五次元スクールやワークショップ、そしてお電話セッションで慈悲深い真由美先生から教えをいただけることで変に動揺することも無く
こなすことが出来ています。

そして、真由美先生から個人クラスをいただけるこの今が、私は最高に幸せです。
教えていただいているマッサージのコツを習得し、先生の体のコリを少しでもほぐせるような自分になるという、新たな夢もできたので
私はその夢に向かって進んでいきます。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

謙虚な高い人格者

10分間電話セッションが10分ぴったりに終わることなくメッセージを惜しみなくくださる真由美先生に

少しでもと思い感謝の気持ちを示した時のことです。



先生は私が示したものを金額というところではなく、気持ちというところを深く受けてくださいました。

しかも私からのそれを「ありがとう」とただ受けるのではなく、新たに私へお返しをされようとしました。



先生から私へのお返しというのを具体的に言うと、

「次のセッションのお代は要りません」という驚くべきお言葉でした。



私が先生からいただいたことへ少しばかりのお礼のお返しをしただけなのに、次のセッションのお代は無しとは、、

それでは先生から新たに、私がまたいただくことになりますので

私がそれでは困ります、いただきすぎで苦しいですとお伝えしました。



それを言ったあと先生から返ってきたお言葉は

「私もかるちゃんからはいただきすぎて苦しいです」

という私の予想の上を行ったものでした。



先生が苦しいとおっしゃり、先生に無礼かと思いつつも、

ここは私も必死にとてもお腹がいっぱいで苦しいです

(先生から御心をいただきすぎでこれ以上はいただけませんという例え)とお伝えをして、先生からの御心を丁重にお断りしました。



しかし先生は次の私のお電話セッションの時にまだ忘れずにいてくださり、セッション開始時間の少し前になると

「1分早く電話を掛けてください」

とお声をかけてくださったのでした。



そのお言葉に甘えさせていただき私は1分長くセッションをいただいたのでした。

この1分という中で、私はさらに貴重なメッセージを頂いたのでした。

ところが、その日のセッションでは本来の10分間を上回り、3分長くいただいたので、

結局トータルで14分のお時間をいただいたことになります。

電話を切る頃に先生は

「通常のお代だけでいいですからね。こっちが苦しくなるのでやめてくださいよ!」

とおっしゃったのでした。



ということで、 私は、今回もまた余分にいただいてしまっています。。。





先生はこういうことを事あるごとにされるので、私はブログで言わせていただくしかありません。



『実るほど頭を垂れる稲穂かな』という言葉は人格の高い人ほど謙虚であるという意味であり、真由美先生の事を指す言葉であると思うのです。

今回の出来事でも結局、私が先生からいただいて終わっていて今度はどうお応えしていこうかと考えていましたら、自然とこの言葉が思い出されてきたのです。

真由美先生のように人格が高いのに謙虚な姿勢を貫いている人は、

私が知り得る限りの”凄い”と言われている人たちの中でも見当たらないですし聞いたことも無い、と強く思うのでした。
別窓 | Category: None | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | こづれづれ日記 | NEXT